産経ニュース for mobile

【「慰安婦」日韓合意】「心からお詫びと反省」 安倍首相が日韓首脳電話会談で表明

記事詳細

「心からお詫びと反省」 安倍首相が日韓首脳電話会談で表明

「慰安婦」日韓合意更新

 日韓外相会談での慰安婦問題合意を受け、安倍晋三首相は28日、首相官邸で韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領と約15分間、電話会談を行った。

<< 下に続く >>

 安倍首相は「合意に至ったことを評価したい。元慰安婦の方々の筆舌に尽くしがたい苦しみを思うと心が痛む。心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べた。その上で「日韓関係が未来志向の新時代に入ることを確信している」と強調した。一方、補償問題については1965(昭和40)年の日韓請求権協定で「最終的かつ完全に解決済みとの立場に変わりはない」と指摘した。

 朴大統領は「最終合意がなされてよかった。慰安婦被害者の名誉と尊厳と心の傷を癒やす事業が実施されれば、問題が再び議論されることはない」と応じた。