産経ニュース for mobile

菅官房長官、世論調査の支持率低下に「一喜一憂必要ない」

記事詳細

菅官房長官、世論調査の支持率低下に「一喜一憂必要ない」

更新

 菅義偉(よしひで)官房長官は27日午前の記者会見で、報道各社の世論調査が出そろい、内閣支持率が軒並み下落したことについて「低いよりは高いほうがよいが、一喜一憂する必要はない」と述べた。その上で「国家・国民のために真に必要な政策を、国会で説明しながら謙虚に遂行していきたい」と語った。

<< 下に続く >>

 集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案の参院審議に関し「安全保障環境が厳しい中で(安保法案が)必要なのだと理解いただけるよう、懇切丁寧に謙虚に説明し進めたい。戦争法案や徴兵制復活という誤解を解いていく」と強調した。