産経ニュース for mobile

【世界遺産登録】安倍首相「心から嬉しく思う。次世代継承へ決意新た」 登録決定でメッセージ

記事詳細

安倍首相「心から嬉しく思う。次世代継承へ決意新た」 登録決定でメッセージ

世界遺産登録更新

 安倍晋三首相は5日夜、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録決定を受けてについて「心から嬉しく思う。この素晴らしい遺産の保全と次世代への継承に向け、決意を新たにしたい」とのメッセージを発表した。全文は次の通り。

<< 下に続く >>

 「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の世界文化遺産登録を心からうれしく思います。

 幕末から明治にかけ、日本が西洋技術を取り入れながら、自らの力で人を育て、産業を興し、産業国家となったことを物語る「明治日本の産業革命遺産」。

 海外の科学技術と自国の伝統の技を融合し、わずか50年あまりで産業化を成し遂げた日本の姿は、世界でも稀有であり、人類共通の遺産としてふさわしい、普遍的な価値を持つものです。

 8県11市にわたる23の構成資産の保全に取り組み、支援してこられた地域の方々、100年を超えて産業資産を稼働させながら維持し、保全に取り組んでこられた企業の皆様方に、深く敬意を表します。

 今日の「ものづくり国家日本」の原点であり、先人の偉業を伝える、この素晴らしい遺産の保全と次世代への継承に向け、決意を新たにしたいと思います。

 平成27年7月5日 内閣総理大臣 安倍晋三