産経ニュース for mobile

記事詳細

【イスラム国後藤さん殺害映像】野党、一斉批判

更新

 野党各党は1日のNHK番組で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が後藤健二さんを殺害したとされる映像を公開したことを受け、一斉に非難した。

 民主党の枝野幸男幹事長は「テロ集団の卑劣な行動に対して毅然(きぜん)とした対応を、国を挙げてやっていかねばならない」と強調。「海外にいる日本人の安全と、わが国にテロリストが入ってこないよう水際対策に万全を期してほしい」と求めた。

 維新の党の松野頼久幹事長は「事実だとすれば許し難い行為で、家族の心中を察すると痛恨の極みだ」と述べ、在外邦人の安全確保に全力を挙げるよう政府に求めていく考えを示した。

 共産党の山下芳生書記局長は「残虐かつ非道な手段による憎むべき蛮行を断固糾弾する」とした上で、「国際社会が一致して、国連を中心に法を順守して立ち向かうことで、テロ勢力を孤立させ、包囲することができる」と訴えた。

 次世代の党の松沢成文幹事長は「極悪非道で残虐なテロリズムを絶対に許してはならないし、日本も国際社会と協力して戦っていかねばならない」と主張した。

 社民党の又市征治幹事長は「卑劣な蛮行は許し難い。日本人に危害を加えると挑発もしている。危険地域に立ち入らない努力が必要だ」と指摘した。

ランキング