産経フォト for mobile

音色に癒されて 江戸風鈴、絵付け作業最盛期【動画あり】

伝統・文化

音色に癒されて 江戸風鈴、絵付け作業最盛期【動画あり】

更新 sty2105180004
江戸風鈴の絵付けの最盛期を迎えている篠原風鈴本舗 =東京都江戸川区(佐藤徳昭撮影) 江戸風鈴の絵付けの最盛期を迎えている篠原風鈴本舗 =東京都江戸川区(佐藤徳昭撮影)
江戸風鈴の絵付けの最盛期を迎えている篠原風鈴本舗 =東京都江戸川区(佐藤徳昭撮影)
画像を拡大する
江戸風鈴の絵付けの最盛期を迎えている篠原風鈴本舗 =東京都江戸川区(佐藤徳昭撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 夏を迎えるのを前に100年以上続く江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」(東京都江戸川区)で絵付け作業が最盛期を迎えている。

江戸風鈴の絵付けの最盛期を迎えている篠原風鈴本舗 =東京都江戸川区(佐藤徳昭撮影)
画像を拡大する
江戸風鈴の絵付けの最盛期を迎えている篠原風鈴本舗 =東京都江戸川区(佐藤徳昭撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 江戸風鈴は、溶けたガラスを長さ1メートルの管で吹いて膨らませ、内側から絵付けを行う。店内では金魚やヒマワリ、疫病の流行を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」などをあしらった風鈴が次々に作られていた。

 同店の篠原恵美代表(66)は「外に出かけられず、家にいる時間が長くなる中、江戸風鈴のやわらかな音色で癒やされてほしい」と話していた。

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る