産経フォト for mobile

酒類提供店に時短営業要請 夜10時まで、協力金20万円

ニュース

酒類提供店に時短営業要請 夜10時まで、協力金20万円

更新 sty2007300019
会見する小池百合子都知事=30日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影) 会見する小池百合子都知事=30日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)
会見する小池百合子都知事=30日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)
画像を拡大する
会見する小池百合子都知事=30日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京都の小池百合子知事は30日、臨時の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染状況悪化を踏まえ、酒類を提供する都内の飲食店やカラオケ店を対象に営業時間を午前5時から午後10時に短縮するよう要請した。期間は8月3日~31日。応じた店舗には協力金20万円を支払う。

会見する小池百合子都知事=30日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)
画像を拡大する
会見する小池百合子都知事=30日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 都内では30日、過去最多となる367人の感染者が新たに報告された。会食などを通じた感染が広がっており、小池氏は都民に対し、会食目的や夜間の外出をできるだけ控えるよう求めた。今後の感染状況次第では「都独自の緊急事態宣言を出すことも考えないといけない」と述べた。
 新型コロナの感染防止対策を実施している店舗や事業所用の認証ステッカーの掲示や感染者の通知サービス利用を都条例で定め、8月1日に施行することを専決処分で決めたとも明らかにした。

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る