産経フォト for mobile

白い屋根に最新設備登場 山手線「高輪ゲートウェイ駅」、来春開業へ

鉄道

白い屋根に最新設備登場 山手線「高輪ゲートウェイ駅」、来春開業へ

更新 sty1911160004
報道陣に公開されたJR高輪ゲートウェイ駅=16日午前、東京都港区(宮崎瑞穂撮影) 報道陣に公開されたJR高輪ゲートウェイ駅=16日午前、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)
JR高輪ゲートウェイ駅のホームが報道陣に公開された=16日午前、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
JR高輪ゲートウェイ駅のホームが報道陣に公開された=16日午前、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 JR東日本は16日、来年春に山手線30番目の駅として開業する高輪ゲートウェイ駅の建設工事現場を報道関係者に公開した。駅舎のデザインは新国立競技場も手掛けた建築家隈研吾氏が担当し、折り紙の形から発想した白い大屋根が特徴。駅構内には、人工知能(AI)ロボットによる案内など最新鋭の設備が登場する見込みだ。

 JR東によると、新駅の工事は約9割まで進んだ。「高輪ゲートウェイ」の駅名表示やホームドアも取り付けられた。駅舎は吹き抜けになっており、ホームから白い屋根を見上げる構造。2階部分のコンコースはガラス張りで光が差し込む。天井やはりには、岩手、宮城、福島各県産のスギが使われ、ホームの床面は木目調のタイルになっている。

報道陣に公開されたJR高輪ゲートウェイ駅=16日午前、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
報道陣に公開されたJR高輪ゲートウェイ駅=16日午前、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 新駅の建設工事は2017年2月に開始。用地は、品川-田町間の車両基地があった場所を利用した。

■360°パノラマで見る「高輪ゲートウェイ駅」

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る