産経フォト for mobile

ニュース

仲邑菫初段、男性棋士に初勝利 初参加の十段戦

更新 sty1909160016
古田直義四段(手前)に勝利し、感想戦を行う仲邑菫初段 =16日午後、大阪市北区(寺口純平撮影) 古田直義四段(手前)に勝利し、感想戦を行う仲邑菫初段 =16日午後、大阪市北区(寺口純平撮影)
古田直義四段(右)に勝利し、感想戦を行う仲邑菫初段 =16日午後、大阪市北区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
古田直義四段(右)に勝利し、感想戦を行う仲邑菫初段 =16日午後、大阪市北区(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫(かなむら・すみれ)初段(10)は16日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で行われた第59期十段戦(産経新聞社主催)の予選1回戦で、古田直義四段(50)に勝ち、2回戦に進出した。

 仲邑初段は初めて参加した七大タイトル戦の予選で初勝利。また、公式戦で初めての男性棋士との対局で、初勝利となった。

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る