産経フォト for mobile

大阪・御堂筋の彫刻が落下 市が点検へ、けが人なし

ニュース

大阪・御堂筋の彫刻が落下 市が点検へ、けが人なし

更新 sty1907010011
御堂筋で落下しているのが見つかったブロンズ像=大阪市中央区(大阪市提供) 御堂筋で落下しているのが見つかったブロンズ像=大阪市中央区(大阪市提供)
フェルナンド・ポテロ作の彫刻「踊り子」が落下し台座だけが残されていた=1日午前、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影) 
画像を拡大する
フェルナンド・ポテロ作の彫刻「踊り子」が落下し台座だけが残されていた=1日午前、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影) フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪市は1日、市中心部を南北に貫く御堂筋沿いに設置していた彫刻1体が台座から落下したと発表した。全部で29体あり、市は点検を急ぐとともに、落下原因を調べる。

 市によると、落下したのはコロンビアの彫刻家フェルナンド・ボテロ作の「踊り子」。高さ約104センチのブロンズ製で、1993年に大阪市中央区淡路町4丁目の高さ約80センチの台座に設置された。彫刻を台座に固定するボルトに腐食が見られるという。彫刻の一部が破損したが、落下によるけが人はいなかった。

 フェルナンド・ボテロ作「踊り子」(大阪市提供)
画像を拡大する
 フェルナンド・ボテロ作「踊り子」(大阪市提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪府警東署によると、6月30日午後1時10分ごろ、通行人から「銅像が倒れている」と110番があった。

 市は御堂筋沿いの企業などから寄付を受け、92年から計29体を設置し、一帯は「御堂筋彫刻ストリート」と呼ばれる。

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る