産経フォト for mobile

世界最長の海上橋開通式 中国と香港、マカオ連結

ニュース

世界最長の海上橋開通式 中国と香港、マカオ連結

更新 sty1810230005
 中国・珠海と香港、マカオを結ぶ海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」=2017年12月(香港政府提供・共同)  中国・珠海と香港、マカオを結ぶ海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」=2017年12月(香港政府提供・共同)
 中国広東省珠海で行われた海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」の開通式に出席する習近平国家主席(中央)=23日(共同)
画像を拡大する
 中国広東省珠海で行われた海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」の開通式に出席する習近平国家主席(中央)=23日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 中国本土の広東省珠海と「一国二制度」下にある香港、マカオを結ぶ海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」の開通式が23日、珠海で開かれた。一般車両の通行開始は24日。海底トンネルなどを含めた全長は約55キロで世界最長とされ、3地域間のアクセスの向上により物流や観光業、産業の発展を促進する。

 習近平指導部が重視する国家戦略「ビッグベイエリア構想」の中核プロジェクトの一つ。開通式には習国家主席も出席した。

 自動車専用道路で、香港国際空港に連結する人工島から海底トンネルや橋を経由、これまで陸路で約4時間かかっていた珠海-香港国際空港間は45分に短縮される。通行は許可を受けた車両に制限され、小型車の料金は150元(約2400円)。3地域それぞれの出入境手続きが必要だ。

 大橋は2009年に着工したが、工期が大幅に遅れ、中国メディアによると総工費は1千億元超に膨らんだ。

 ベイエリア構想を巡っては、広東省広州と香港を結ぶ高速鉄道も9月に開業、中国本土と香港の一体化が加速している。(珠海共同)

 中国・珠海と香港、マカオを結ぶ海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」=5月(香港政府提供・共同)
画像を拡大する
 中国・珠海と香港、マカオを結ぶ海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」=5月(香港政府提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」の開通を宣言し、拍手する中国の習近平国家主席=23日、広東省珠海(共同)
画像を拡大する
 海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」の開通を宣言し、拍手する中国の習近平国家主席=23日、広東省珠海(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る