産経フォト for mobile

バレンティンの空振りバット、捕手の頭を直撃 担架で運ばれる

スポーツ

バレンティンの空振りバット、捕手の頭を直撃 担架で運ばれる

更新 sty1608020018
【ヤクルト-広島】1回裏、バレンティンの空振りしたバットが石原慶の頭に当たる =神宮球場(撮影・今野顕) 【ヤクルト-広島】1回裏、バレンティンの空振りしたバットが石原慶の頭に当たる =神宮球場(撮影・今野顕)
1回裏、バレンティンのバットが頭に当たり仰向けになる石原慶幸捕手 =神宮球場(撮影・今野顕)
画像を拡大する
1回裏、バレンティンのバットが頭に当たり仰向けになる石原慶幸捕手 =神宮球場(撮影・今野顕)フルスクリーンで見る 閉じる

 (セ・リーグ、ヤクルト-広島、15回戦、2日、神宮)広島・石原慶幸捕手(36)が、ヤクルト戦の一回二死二、三塁の守りの場面で、打席でファウルした後のヤクルト・バレンティンのバットを頭頂部に受け、途中交代。控えの会沢翼捕手(28)が急きょ出場した。

1回裏、バレンティンのバットが頭に当たり担架で退場する石原慶幸捕手 =神宮球場(撮影・今野顕)
画像を拡大する
1回裏、バレンティンのバットが頭に当たり担架で退場する石原慶幸捕手 =神宮球場(撮影・今野顕)フルスクリーンで見る 閉じる

 石原のヘルメット越しにバットが頭頂部を直撃。石原は、あおむけにホームベース付近に倒れたまま動けなかった。コーチやチームスタッフが駆け寄り、心配そうに状態などを確認し、そのまま担架でグラウンドから運び出された。
 バレンティンのバットは、7月24日の中日戦(ナゴヤD)で、空振りした際に中日・杉山翔大捕手(25)の頭頂部にも直撃。杉山は、脳には異常なしで「左頭部の打撲と切り傷」との診断を受けていた。(サンケイスポーツ)

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る