産経フォト for mobile

「OSAKA翔GANGS」が関西ブロック代表 第2回全国ご当地アイドル選手権

エンタメ

「OSAKA翔GANGS」が関西ブロック代表 第2回全国ご当地アイドル選手権

更新 sty1505200009
「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供) 「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)

 全国各地でライブ活動を行うご当地アイドルがライブメディア「SHOWROOM」に集結し、頂点を目指す「第2回全国ご当地アイドル選手権」が開催中だ。

 北海道・東北・北陸、関東、東海、関西、中国・四国、九州の計6ブロックで行われている予選大会は各4回開催され、それぞれを1位で通過したグループはグランドチャンピオン大会に進むことができる。優勝者には、都内有名ホール(1000人規模)でのワンマンライブが約束されている。

 チャンピオン大会は5月に開催予定だったが、6月に変更された。

 第6弾は、第3回関西ブロック大会の代表となった、「OSAKA翔GANGS」のメンバーを紹介する。

「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)
画像を拡大する
「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 まずは、リーダーのerico(えりこ)さん。バースデーは1月22日。東大阪市出身で、2006年の1期生メンバーだ。ダンスの専門学校でダンスを学んだ。大阪が大好きで、吉本新喜劇ばりのコント芝居も得意。「大阪をもっともっと盛り上げたい。コント芝居はエンターテイメントと思っています」 受けるためなら、かぶりものも、おばあちゃんの格好もいとわない。

 特技は小さい頃から始めた書道。腕前は3段。メンバーの中でも1番上手で、オフィシャルTシャツの文字も自身が書いた。お風呂屋さん巡りが趣味。一人でスーパー銭湯によく訪れるという。「長時間入っているとダンスの疲れもほぐれます」

 銭湯を語ると、ちょっとうるさい。

           ◇  

 続いて、リーダーと同様、1期生のNoN(ノン)さん。出身は神戸市。現在は大阪市で一人暮らしをしている。リーダーのericoさんとはダンスの専門学校でも同期だ。イメージカラーは緑。「この色は売れ残ったんです、いえ、好きな色ですよ」。歯に衣着せない物言いもNoNさん流。

 話術には自信がある。2010年の関西演芸しゃべくり話芸大賞にも漫才で出演、入賞した。ぼけ、つっこみではつっこみ役。OSAKA翔GANGSの舞台でもつっこみを担当している。特技としては老活支援インストラクターとして、60歳以上のおばあちゃんに、歌や踊りを指導している。

 外国語を話せないが、外国人とすぐ仲良くなるのも得意。「しゃべれないけれど、ジェスチャーとフィーリングで親しくなります」。 先日、親しくなったオーストラリアの男性に母国に遊びにくるように言われる。「え、これって新手のナンパ?」 落ちもよろしいところで…。

           ◇

 続いて、イメージカラーが紫のChee(チィ)さん。「クールでセクシーなおねえさんである私としては、やはり紫色しかないと…」 群馬県生まれ、大阪・堺市で育つ。デビューは2008年の2期生。リーダーとNoNさんと同じ専門学校に3年間通った。 身長170センチと1番高い。

 1人で映画鑑賞するのが大好き。「映画館の空間が好きなんです」。ただ、最近は忙しくてあまり行けていないという。好きな俳優はジョニー・ディップ。 「堺ですので、クールセクシーな私でもだんじり祭りには血肉わきおどります」

           ◇

 同じく2期生のANN(アン)さん。兵庫県姫路市出身。4年前に大阪市に引っ越して現在一人暮らし。音楽の専門学校に通った。「私、学校でも期待の星だったんです」

 小学1年からバトントワリングを始めた。今も、簡単なことなら十分披露できるという。手相では、芸能人に多いという「ますかけ線」があることが自慢。「千人に1人いるかいないかなんですよ」 イメージカラーはブルー。

            ◇

 Nodoka(ノドカ)さんは3期生。2010年から活動を始める。イメージカラーはオレンジ。「“元気娘”という私のイメージにあっていると思います」。

 大阪府枚方市出身。ピアノを10年以上習ってきており楽譜があれば、弾くことができる。スノーボードが好きなのだが、1度骨折したことがある。このため、現在は怪我をすると他のメンバーに迷惑をかけてしまうため控えている。NHKの児童劇団、NSCのタレントコース1期生でもある。夢は女優。

         ◇

 続いて、3期生のYuーCo(ユーコ)さんは奈良市出身。イメージカラーは、女の子が大好きなピンク。メンバー内でも希望者が多かったが、「1番似合う」という理由で、ピンクを勝ち取った。

 ダンスが大好きで、洋楽のプロモーションビデオからダンスを勉強することに。好きな歌手はアネサ・フランクリン。安室奈美恵さんやスピードのように活躍するのが夢という。

昨年8月に放送されたフジテレビ「うますぎるアイドルは誰だ!?歌がうまいアイドル日本一決定戦真夏の生放送スペシャル!」では、関西ブロック代表として出場し、審査員の薬丸裕英さんから歌声をほめられた。現在、センターで活躍している。

         ◇

 最後は、新メンバーのma.U(マユウ)さん。4期生となる。兵庫県西宮市出身。現在は活動のため大阪市に一人で住んでいる。「全くの初心者です。これからがんばりたい」 趣味は有酸素運動、水泳、ウオーキングと身体を動かすことがとにかく好きという。

 好きなドラマは米国の「デスパレートの妻たち」 まさしく「デスパレート(必死に)になんでも取り組みたい」と話している。

            ◇

「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)
画像を拡大する
「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 ここで、重大発表。NoNさんとANNさんがグループを卒業してソロ活動に入る。今後、新メンバーのma.Uさんが入り、6人から5人に。 今月22日のワンマンLIVE「力を合わせて~!みんなでわっしょい!!」では、NoNさんとANNさんのラストライブとなる。


場所:OSAKA RUIDO
時間:午後7時開場、7時半開演

前売り3000円、当日3500円(1ドリンク別途)
 5月30日の「カンテレIカフェ(かんてれ・あい・かふぇ)に出演。午後1時と4時半。場所はカンテレ扇町スクエア。

 同グループはマカオで行われた「国際アニメフェア」にも初めて海外出演。フジテレビ「うますぎるアイドルは誰だ!?歌がうまいアイドル日本一決定戦真夏の生放送スペシャル!」予選で、1台のカメラを固定して百円ショップで購入した雨ガッパの衣装を着て自らフレームインする「1カメショー」で勝負、決勝進出した。
 その際、審査員のつるの剛士さんからは「根が深いアイドル界の雑草組」とほめてもらったという、異色のアイドルグループだ。(文 杉浦美香)

◆◆ このほかのご当地アイドル特集はこちら ◆◆

「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)
画像を拡大する
「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)フルスクリーンで見る 閉じる
「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)
画像を拡大する
「OSAKA翔GANGS」(OSAKA翔GANGS 提供)フルスクリーンで見る 閉じる

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る