産経フォト for mobile

2017.4.3のニュース

ニュース

高山、引退で五輪挑戦へ WBOミニマム級王者

dly1704030015

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級チャンピオンの高山勝成選手(33)=仲里=が3日、プロを引退し、2020年東京五輪出場を目指すことを明らかにした。

 愛知県尾張旭市で行われた名古屋産大の入学式に出席した後の記者会見で「プロとしてはやりきった。五輪を集大成の目標としてこれからキャリアを積んでいきたい」と話した。世界王者がプロを引退し、五輪出場を目指すのは異例。

 高山選手は大阪府出身で、日本で初めて世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング評議会(WBC)、WBOの主要4団体を全て制した。昨年8月には負傷判定勝ちで通算6度目の世界王座奪取を果たした。

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る