東大が2年ぶり入学式 まん延防止で対策徹底

新型コロナウイルス感染対策を呼びかける看板が設置された東大の入学式会場=12日午前、東京・日本武道館
新型コロナウイルス感染対策を呼びかける看板が設置された東大の入学式会場=12日午前、東京・日本武道館

 東京大の入学式が12日、東京都千代田区の日本武道館で開かれ、難関を突破した新入生約3000人が学生生活のスタートを切った。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止したため2年ぶり。東京都に「まん延防止等重点措置」が適用された初日と重なり、保護者の入場を認めないなど感染防止策を徹底することとした。

 1日に就任した藤井輝夫学長は新型コロナ感染が判明したため欠席し、相原博昭理事・副学長があいさつ。楽器の演奏や「東京大学の歌」の合唱は取りやめた。

 東大は昨年度に引き続き遠隔授業中心で、新入生は週2回ほどキャンパスに通うという。

この記事を共有する