【動画】京都大で2年ぶり卒業式 「自らの世界切り開いて」

学位記を受け取る京都大の卒業生=24日午前、京都市左京区(永田直也撮影)
学位記を受け取る京都大の卒業生=24日午前、京都市左京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 京都大の卒業式が24日、京都市左京区の市勧業館「みやこめっせ」で開かれ、湊長博総長が卒業生の代表に学位記を授与した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大で中止となっており、式開催は2年ぶり。会場にはスーツや和服姿のほか、恒例の仮装姿で出席する学生らの姿がみられた。

 今年の卒業生は10学部で計2770人(男性2124人、女性646人)。湊総長は式辞で、コロナ禍で制約のあった学生らの1年をねぎらい、「ぜひとも教養ある新しい地球市民として、自らの世界を切り開いていってほしい」とはなむけの言葉を贈った。

 式典で、卒業生らは間隔をあけて着席。参加者は卒業生と教職員に限定され、会場に入れない保護者のため、式典の様子がライブ配信された。

この記事を共有する