大阪府の小中学校学び直しの高校、統廃合の危機

1年生の国語の授業。習熟度別、少人数のクラス編成で、生徒らは落ち着いた様子で授業に臨んでいた=2月、大阪市西成区の西成高校
1年生の国語の授業。習熟度別、少人数のクラス編成で、生徒らは落ち着いた様子で授業に臨んでいた=2月、大阪市西成区の西成高校
その他の写真を見る(1/2枚)

 小中学校での内容から学び直せる高校として大阪府教育庁が指定する「エンパワメントスクール」が、統廃合の危機に直面している。8校中3校で志願者数の低迷が続き、来年度に再編の検討対象になる見込みだ。授業料の無償化によって、同じような特色を持つ私立高に生徒が流れているともみられるが、府教育庁は「学習につまずく生徒のため、公教育としての受け皿はなくせない」として、志願者を増やす方策を模索している。(藤井沙織)

生徒の9割「入ってよかった」

 「試験がんばりや」「帽子は脱ぎなさい」。2月下旬、府立西成高校(大阪市西成区)で山田勝治校長が休み時間に廊下を歩く1年生に声をかけた。生徒の様子を見て回るのは朝の日課。授業が始まると、学年末試験に向けて教科書を開いて黙々と復習する生徒の姿も見られた。山田校長は「入学したときと比べ、生徒たちの授業や教員に対する姿勢は本当に変わった」と話す。

 エンパワメントとは、生徒の「力を引き出す」という意味だ。平成27年度に西成、長吉、箕面東高校の3校から始まり、30年度までに計8校が指定された。1学級の人数は一般の高校より5人少ない35人。国語・数学・英語の授業は習熟度別で、1年生は集中力が途切れないよう1コマ30分で行う。割合や関数など、共通の教材で小学3年~中学3年までの内容を学び直して基礎学力の定着を図るほか、資格取得に向けた授業など各校で特徴的なカリキュラムを組む。

 「入学するのは、授業が分かる、問題が解けてうれしいという経験を積み重ねられなかった子供たち」と山田校長。まずは学習のハードルを下げ、できたことを評価することから始める。今年度のアンケートでは、生徒の9割超が「西成高校に入ってよかった」と回答した。

定員割れ3年で再編対象

 だが在校生の評価の高さに反し、入学志願者は減るばかりだ。27年の入試(1次募集)では1・59倍あった平均倍率は年々下がり、今回は0・92倍でついに1未満に。志願者数が定員を上回ったのは1校のみで、岬高校は4年連続、西成高校と箕面東高校は3年連続の定員割れだった。2次募集は22日正午に出願が締め切られ、3年連続で2次募集も含めた入学志願者が定員を下回るなどした場合は府の条例で再編の対象となる。他の5校も低迷が続けば検討の俎上(そじょう)にあがることになる。

 エンパワメントスクールの低迷について、酒井隆行教育長は「発達障害などのそれぞれの生徒が持つ特性への対応が不十分ということも考えられる」と分析し対応策を探る。府教育庁は今年1月、エンパワメントスクールも含めた今後の府立高のあり方を有識者らによる審議会に諮問し、年内をめどに答申が出される見通しだ。だが、教育現場からは「福祉的な面を持つ学校には、そもそも定員割れで統廃合するという条例がそぐわない」との声も上がっている。

背景に私立通信制人気

 小中学校の内容を学び直せるという特色を持つ公立高は東京都など他の自治体にもある。都教委は「多様な生徒に対応することは公立校の使命」とするが、今年の入試では6校中4校で定員割れとなった。

 背景にあるのが、私立高の授業料減免による私立人気の高まりだ。令和2年度から国による私立高の授業料支援制度が拡充されたが、東京都や大阪府などは独自に授業料を実質無償化している。都教委の担当者は「特に通信制の私立高を志望する生徒が増え、学び直しができる都立高の志願者減少に影響している」と分析する。

 全国から広域的に生徒を集める通信制高校の中には、登校日について年に数日の合宿のみとする学校もあり、学校に通いにくい生徒にとっては全日制よりもハードルが低い。一方で、教師や他の生徒と接する機会が限られるケースがあり、社会の中で人間関係を円滑にこなす「ソーシャルスキル」が育ちにくい側面もある。

 大阪府私立学校審議会の元委員は「通信制高校を卒業した後、社会での人間関係に苦労するケースもある」と話し、「教員や保護者が子供の適性を見極めて学校を選ぶ必要がある」と指摘している。

大阪府立高の統廃合

 大阪府の条例では、3年連続で入学志願者が定員に満たず、改善の見込めない府立高を「再編整備の対象とする」と規定され、実際にこの規定に基づく統廃合が進められている。エンパワメントスクールの岬高校は令和2年度に統廃合の検討対象となったものの、新型コロナウイルス禍で保留になっていた。他の府立高とともに3年度に検討し、秋ごろに結論を出す。

この記事を共有する