国公立大2次、4・3倍 過去最低、25日から前期日程

文部科学省=東京・霞が関
文部科学省=東京・霞が関

 文部科学省は24日、今年の国公立大2次試験の確定志願者数が42万5415人だったと発表した。昨年より1万4150人減り、募集人数に対する倍率は0・1ポイント低い4・3倍。志願者数、倍率ともに大学入試センター試験が始まった平成2年以来、過去最低となった。前期日程は25日から始まる。

この記事を共有する