【学ナビ】新キャンパスは“コモンズ”重視 学生・研究者・企業の交流拠点を期待

 18歳人口の減少に伴い、大学入学志望者の減少が見込まれる中、新キャンパス開設が続いている。キーワードは“コモンズ”。大学の魅力に付加価値を持たせるだけではなく、産官学や地域の開かれた交流拠点としての役割も担う。今年4月に新キャンパスを開設する神奈川大学(横浜市)と文教大学(埼玉県越谷市)に、新キャンパスを通して見据える大学の未来像について聞いた。

国際化の象徴に

 大学8学部・大学院8研究科を擁する神奈川大学。令和10年の創立100周年を控え、横浜みなとみらい地区に『みなとみらいキャンパス』を開設する。

 「みなとみらい地区は大学発祥の地の近く。国際的企業が立地する人と情報が集まる先進地区で、歴史や文化、芸術にもふれることができ、教育上の利点は多い」。同大の三浦大介副学長はこう語る。

高層階にある3つのフロアを階段でつなぐ神奈川大みなとみらいキャンパスのプレゼンテーションフィールド(同大提供)
高層階にある3つのフロアを階段でつなぐ神奈川大みなとみらいキャンパスのプレゼンテーションフィールド(同大提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 地上21階建て新キャンパスの特徴は、1~3階に配置したソーシャルコモンズと呼ばれるエリア。観光ラウンジや産官学連携の中核となる社会連携センター、3Dプリンターでモノづくりを体験できるラボ等を配置。図書館やカフェも並び、広く地域に開放する。学生や研究者、企業や自治体などの交流拠点としての役割を期待されている。

 三浦副学長は「至る所に交流を生む工夫を凝らしている。国際日本学部や外国語学部、経営学部を集め、教育研究の国際化をより一層すすめていく」と話している。

社会課題を解決

 教員養成で定評のある文教大学。今年開設するのは『東京あだちキャンパス』。背景には大学が長年抱えてきた課題がある。

 文部科学省学校基本統計や同大などによると、18歳人口は減少し、令和2年の約117万人は同22年には約88万人にまで減る。各大学は教育改革や学部再編、都心回帰などを推進し、学生確保の優位性や競争力を確保してきたという。

 同大の本田勝浩・経営企画局長は「既存の越谷、湘南両キャンパスが離れているため、連携が不十分だった。キャンパスは狭隘(きょうあい)化が進み、学生に魅力と感じてもらえる施設拡充が困難だった」と振り返る。

 新キャンパスの中心はやはり、コモンズという交流エリア。建物に長さ77メートル、幅9メートルの大通路を設け、活発な交流を促進するコモンズ、落ち着けるコモンズと2タイプのラーニングコモンズを配置した。大学から街へ広がる学びの風景“ラーニングスケープ”をコンセプトに掲げる。

大学の中核的拠点として、未来の社会変化への対応や課題解決を担う文教大学東京あだちキャンパス(同大提供)
大学の中核的拠点として、未来の社会変化への対応や課題解決を担う文教大学東京あだちキャンパス(同大提供)
その他の写真を見る(2/2枚)

 近藤研至学長は「大学が教育支援や多文化共生、長寿社会といった課題解決に取り組む上で、社会との関わりは重要。学生と地域とが触れ合えるキャンパスにしていく」としている。

付加価値求め開設続々

 大学では今後も特色ある新キャンパスの誕生が続く。関東学院大学(横浜市)は令和5年4月、JR関内駅前に関内キャンパスを開設予定。社会連携教育を推進し、低層部分にホールやコワーキングスペースなどを設け、一般利用についても検討している。

 東京国際大学(埼玉県川越市)も令和5年9月に、東京都内に池袋キャンパスを開設予定。世界で活躍する起業家やアスリート養成に力を入れる予定という。

この記事を共有する