共通テスト2日目は真冬の寒さ 服装、健康管理に注意を

大学入学共通テストの会場に向かう受験生ら=16日午前、東京都文京区の東京大学(萩原悠久人撮影)
大学入学共通テストの会場に向かう受験生ら=16日午前、東京都文京区の東京大学(萩原悠久人撮影)

 大学入学共通テスト初日の16日は、東京で最高気温が18度を超えるなど関東甲信から西日本の太平洋側を中心に気温が上昇し、春のような暖かさになった一方、2日目の17日は一転して真冬並みの寒さに戻る見込みで、受験生は服装への配慮など体調管理に注意が必要になる。北海道や東北、北陸では雨や雪が強まる恐れがある。

 気象庁によると、16日は南から暖かい空気が流れ込み、最高気温は東京都心で18・7度を記録。静岡市や高知市、宮崎市でも19度を超えたほか、那覇市は23・3度となるなど、平年を大きく上回って3月から4月並みとなる地点が相次いだ。

 これに対し17日は冬型の気圧配置が強まり、気温が低下。予想最高気温は東京が8度で10度以上下がり、氷点下3度の札幌や7度の広島はともに9度前後低くなる。6度の福岡も8度近く下がるほか、5度以上低下する地点も多くなる見込み。

この記事を共有する