大学入学共通テスト始まる 新型コロナ拡大緊急事態宣言下で

大学入学共通テストに臨む受験生ら。座席は間隔を空けている=16日午前、東京都文京区の東京大学(萩原悠久人撮影)
大学入学共通テストに臨む受験生ら。座席は間隔を空けている=16日午前、東京都文京区の東京大学(萩原悠久人撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大学入試センター試験の後継テストで、今回が初実施となる大学入学共通テストの第1日程が16日、全国各地で始まった。志願者数は前年度より2万2454人少ない53万5245人で、うち第1日程は53万4527人。日程は17日までの2日間で、初日は午前に地理歴史と公民、午後は国語、外国語が行われる。

 三大首都圏などでは新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下での試験となり、受験生たちは厳戒態勢で臨む。

 今回は新型コロナに伴う学業の遅れを不安視する高校生のため、第1日程に加え、30、31日の第2日程も設定され、受験日を選択できるようにしていた。

 17日の2日目は理科と数学が行われる。

この記事を共有する