迫る入試、「緊急事態」も視野 3密徹底回避へ大学準備

文部科学省
文部科学省

 来年1月に初めて実施される大学入学共通テストまで3週間となった。2月には多くの大学で個別試験(2次試験)も始まるが、新型コロナウイルスの収束が見通せない中、緊急事態宣言の発令も視野に入れた準備が進んでいる。文部科学省は予備校や公共交通機関など業界横断的に感染対策への協力を要請しており、受験環境はこれまでと一変しそうだ。

勧誘自粛を要請

 「政府全体で受験生をサポートしていく」

 萩生田光一文科相は今月18日の記者会見でこう強調した。文科省は専門家の助言を受け、共通テスト会場では、大声で話すこともなく、受験生同士の間隔も確保できることなどから、感染リスクは少ないと判断。「大学受験は人生にとって重要」(萩生田氏)として、緊急事態宣言が再び発令された場合でも、日程通りに行う考えだ。

 そこで必要となるのは、会場やその周辺での「3密」の徹底した回避だ。会場近辺では例年、激励に駆け付けた予備校関係者や、学生マンション紹介のチラシを配る不動産業者が目立つほか、付き添いの保護者や高校関係者の姿もある。

 こうした状況を解消するため、文科省は予備校や不動産業界に活動の自粛を要請。移動や宿泊時の感染も懸念し、鉄道やバス、ホテルにも混雑緩和や換気などの対策徹底を求めた。

濃厚接触者対策

 今回の共通テストの出願者は約53万人。会場となる大学には、受験生同士を約1メートル離すことや、1科目終了ごとの換気、急な体調不良に対処する医師や看護師の配置などを求めている。

 感染者の濃厚接触者でも、公的なPCR検査や抗原検査で陰性が確認され、当日も無症状などの条件を満たせば受験が可能だ。

 大学側も濃厚接触者とされた受験生に手厚い対応を準備する。

 例えば、東京学芸大(東京)では、一般の受験生と接触を避けるため、車での来校を求める。会場も別の建物に開設し、席も約2メートルの間隔を取り、それぞれの席の前方には飛沫(ひまつ)を防ぐシートを設置。試験監督の教職員もマスクの上にフェースシールドをつけ、手袋をはめて立ち会う。

不安募る受験生

 感染状況によっては2月以降に本格化する個別試験にも影響が出かねない。

 関西大(大阪)は、緊急事態宣言の発令などで人の移動が制限された場合、2月上旬の日程を3月に延期できるよう計画を立てている。数万人規模に上る受験を想定して28都市に設ける会場も6、7都市に減らし、状況によっては大阪だけで実施するシミュレーションも重ねる。入試担当者は「最悪のケースは個別試験を中止せざるを得ない状況。何としても避けたい」と感染状況を注視する。

 12月以降、千葉県や岡山県など各地の高校でクラスター(感染者集団)の発生も相次ぎ、学校現場の緊張は高まる一方だ。東京都立高3年の男子生徒(18)は「感染状況次第では、試験会場や試験日も変わる可能性があると、学校側から説明を受けている。この時期になっても、まだ確定していないので不安だ」と話した。

■大学入学共通テスト 

 大学入試センター試験の後継として、来年1月16、17日に第1日程が、同30、31日に第2日程が行われる。体調不良などで欠席した場合、第1日程の出願者は第2日程を、第2日程なら2月13、14日の特例追試験を受ける。英語民間試験と数学・国語の記述式問題の導入が改革の目玉だったが、格差問題や公平性などへの懸念から見送られた。

この記事を共有する

関連トピックス