PR

【動画】東福寺で青もみじライトアップ、未来を照らす希望に

PR

ライトアップされた東福寺の「青もみじ」=22日午後、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)
ライトアップされた東福寺の「青もみじ」=22日午後、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 紅葉の名所として知られる東福寺(京都市東山区)で、6月4日から始まる新緑の「青もみじ」と国宝・三門のライトアップを前に22日夜、関係者向けの内覧会が開かれた。

 三門や境内にかかる「通天橋」から望む約2千本の青もみじが、光に照らされて幻想的な空間を作り出した。青もみじのライトアップは初めてで、企画した近畿日本ツーリストの担当者は「未来を照らす希望の光にしたい」と説明した。

 ライトアップは8月9日までの午後6時半~午後9時半。新型コロナウイルスの感染状況により、開催期間が変更される可能性もある。

 拝観料は事前予約(東福寺ホームページから)2500円、当日券2800円。いずれも小学生以下無料。

 問い合わせは近畿日本ツーリスト関西京都支店(平日午前10時~午後5時、075・255・4891)。

この記事を共有する

おすすめ情報