PR

静岡の新東名、最高速度120キロに 12月22日から全国2例目

PR

その他の写真を見る(1/3枚)

 静岡県警は25日、新東名高速道路の御殿場ジャンクション(JCT)-浜松いなさJCT間(約145キロ)での最高速度120キロの本格運用を、12月22日午後2時から始めると発表した。中日本高速道路による工事が完了し、同日から同区間の全線が6車線(片側3車線)化されることに伴う措置。対象は普通乗用車やバスで、大型トラックやトレーラーには従来通り最高速度80キロと左側レーン走行の規制が維持される。

 最高速度120キロの本格運用は、東北道の岩手県内の一部区間約27キロに続いて全国2例目となる。

 新東名はカーブを緩やかにするなど設計当初から120キロを想定しており、平成31年3月から新静岡インターチェンジ(IC)-森掛川IC間で最高速度引き上げを試行していた。

 静岡県警などのまとめでは同区間での試行前後で、渋滞がなく流れがよい場合の車両速度はほとんど変わらず、122~124キロに収まっている。試行から今年10月までの1年8カ月間に起きた人身事故は43件。施行前の同期間では51件だった。試行前に2件発生した死亡事故は試行後はゼロで、引き上げに起因するとみられる事故もなかったという。

 こうしたデータから県警などは、制度を実態に合わせるもので、速度超過や重大事故を誘発する懸念は小さい-と判断し、本格運用を決めた。

 もっとも、県警交通規制課は「120キロで走らなければならないということではない。これまで通り適正速度で車間距離を保って運転してほしい」とドライバーに呼び掛けている。

 川勝平太知事は25日、6車線化について「大変喜ばしい。混雑の緩和や走行性の向上などの効果が、物流や観光など多くの分野へ広がっていくことを期待している」と歓迎するコメントを出した。

この記事を共有する

おすすめ情報