PR

両陛下、オンラインで医療従事者ご激励 コロナ禍で初

PR

オンラインを活用し、日本赤十字社の医療関係者らと交流された天皇、皇后両陛下=18日午後、赤坂御所(宮内庁提供)
オンラインを活用し、日本赤十字社の医療関係者らと交流された天皇、皇后両陛下=18日午後、赤坂御所(宮内庁提供)

 天皇、皇后両陛下は18日、皇后さまが名誉総裁を務める日本赤十字社の各地の病院とお住まいの赤坂御所をオンラインでつなぎ、新型コロナウイルス感染症の対応に当たる医療従事者をねぎらわれた。感染症をめぐり、両陛下がオンラインを活用して関係者と懇談されるのは初めて。

 両陛下はこの日、新型コロナの重症患者の治療も行う日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)の感染症対策本部や、感染症専用病棟などをオンラインでご視察。北海道、福島、沖縄の各赤十字病院の関係者からも、地域により異なる感染症への対応状況について話を聞かれた。

 陪席した同社の大塚義治社長らによると、両陛下はメモを取りながら話を聞き、各病院の職員一人ひとりに対し、画面越しにねぎらいの言葉をかけられたという。陛下は人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使った重症患者の治療について「どんなことが大変ですか」とご質問。皇后さまは、職員の心のケアなどについて質問された。

 感染が再拡大している状況を踏まえ、医療物資が不足していないかなど、両陛下が病院関係者を気遣われる場面もあったという。

■ご交流に新しい形

 天皇、皇后両陛下と日本赤十字社の医療関係者とのご交流は、オンラインを活用した初めての形となった。新型コロナウイルスの感染拡大で両陛下が国民と触れ合う場が制限される中、現場に負担をかけずに直接交流されることを目指して実現したという。両陛下のご交流のあり方に「密」を作らない新たな選択肢が加わった。

 両陛下は行事の開催地や被災地に直接赴き、対面で国民と触れ合うことを重視されてきた。しかし、「全国植樹祭」など、両陛下が地方を訪問される「四大行幸啓」は全て来年以降に延期に。両陛下はお住まいの赤坂御所に専門家や医療関係者、コロナ禍で苦しむ人を支援する団体の関係者らを招いて現状について説明を聞き、活動へのねぎらいと感謝の気持ちを伝えられてきた。

 宮内庁内部ではこの間、オンラインの活用が議論に上ることもあったが、側近の1人は「感染症の影響がどこまで広がるか分からない中で早期にオンラインを取り入れれば、この状況が長期化するとの印象を社会に与えかねず、慎重に検討していた」と話す。

 両陛下が直接病院を訪問されれば警備などで「密」が生じる可能性があるほか、医療現場に負担がかかることも考慮。コロナ禍が実際に長期化する一方、オンラインは国民生活に浸透してきており、今回の異例のご交流が選択されたという。

 宮内庁の西村泰彦長官は12日の定例会見で「何らかの形で国民に寄り添うお気持ちをお示しにならなければいけないのではないかと考えられた」と述べ、天皇陛下のご意向もあってオンラインの活用に踏み切ったことを明かした。

 今後のご交流について、ある宮内庁幹部は「感染状況や相手の状況も含め、一つ一つ検討しながら、何が良い方法なのか個別に決めていく形になると思う」と話している。

この記事を共有する

おすすめ情報