PR

囲碁・芝野が最年少で新十段に、無傷の3冠

PR

対局に勝利し十段位を獲得した芝野名人
対局に勝利し十段位を獲得した芝野名人

 囲碁のタイトル戦、第58期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局が26日午前10時から東京都千代田区の日本棋院で行われ、挑戦者の芝野虎丸二冠(20)が141手までで、村川大介十段(29)に黒番中押し勝ちし、対戦成績3勝1敗で初の十段位を獲得した。20歳7カ月での奪取は、第53期(平成27年)の伊田篤史八段(26)を6カ月上回り歴代最年少。午後4時57分終局。持ち時間各3時間で、残りは芝野二冠3分、村川前十段が1分。

 芝野新十段は神奈川県出身。26年の夏季採用試験でプロ入り。昨秋の名人、王座獲得に続き史上最年少・最速(入段5年9カ月)で3冠になった。3冠保持者は過去9人いるが、七大タイトル戦で敗退することなく3棋戦目で達成したのは初めて。

 芝野新十段の話「3冠になれるとは信じられない。内容が良いわけではなかったが、結果を残せたことは自信になります」

囲碁 棋譜再現(Windows版のみ)手順のみ

囲碁 棋譜再現(Windows版のみ)解説あり(SANKEI-EGG ver8.20以降)

囲碁 棋譜再現(スマホ観戦ビューワ)

※初めてご利用の方は対局・観戦アプリ「SANKEI-EGG」をインストール(無料)してからご利用ください。

この記事を共有する

おすすめ情報