PR

囲碁の十段戦 26日に第4局 芝野の最年少・最速3冠なるか

PR

囲碁「第58期十段戦五番勝負」第3局で、村川大介十段(左)に勝利した芝野虎丸二冠=17日午後、東京都千代田区の日本棋院(飯田英男撮影)
囲碁「第58期十段戦五番勝負」第3局で、村川大介十段(左)に勝利した芝野虎丸二冠=17日午後、東京都千代田区の日本棋院(飯田英男撮影)

 囲碁のタイトル戦、第58期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局が26日、東京都千代田区の日本棋院で行われる。

 芝野虎丸二冠(20)の先勝で始まった今シリーズは、第2局で初防衛を目指す村川大介十段(29)が勝利し、タイになった。その後、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、十段戦を含むすべての囲碁公式戦は休止、延期になった。

 第2局(3月26日)から82日あいた今月17日の第3局を制し2勝目をあげた芝野二冠が勢いに乗り、昨秋の名人・王座獲得に続く史上最年少・最速での3冠保持者となるか。あるいは村川十段が意地をみせ勝利の末、最終第5局に持ち込むことができるか、注目の対局だ。

 立会人は神田英九段。午前10時に対局開始。持ち時間は各3時間で、同日夜には決着する見込み。

この記事を共有する

おすすめ情報