PR

クルーズ船感染者数696人に訂正 厚労省

PR

 新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」をめぐり、厚生労働省は5日、乗客乗員の感染者数を計696人に訂正した。ウイルス検査結果を精査したところ、一部の人を重複して計上した事例があったとしている。

 下船後に施設に滞在していた乗客29人について退去に向けた検査を実施し、8人の感染を新たに確認したことも発表。全員に熱やせきなどの症状がなく、下船時の検査では陰性だった。8人は696人に含まれている。

 厚労省によると、696人の内訳は乗客552人、乗員144人。うち410人は、症状がないという。

この記事を共有する

おすすめ情報