PR

囲碁十段戦第1局 芝野二冠が先勝

PR

【囲碁十段戦第一局始まる】村川大介十段(右)と芝野虎丸二冠の対局が始まる=3日午前、大阪府東大阪市の大阪商業大学(須谷友郁撮影)
【囲碁十段戦第一局始まる】村川大介十段(右)と芝野虎丸二冠の対局が始まる=3日午前、大阪府東大阪市の大阪商業大学(須谷友郁撮影)

  産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第58期十段戦五番勝負」の第1局が3日午前9時半から大阪府東大阪市の大阪商業大学で行われ午後5時31分、挑戦者の芝野虎丸二冠(20)=名人・王座=が276手までで、村川大介十段(29)に白番3目半勝ちし、初の十段獲得に向け先勝した。持ち時間各3時間で、残りは芝野2分、村川1分。第2局は26日に大阪市の関西棋院で打たれる。

 立会人・清成哲也九段の合図で先後を決めるニギリを実施。村川先番で始まった対局は互いに序盤の研究が進んでおり、早い進行になった。上辺を厚くし、右辺でも黒35と頭を出した村川が、序盤を優位に打ち進めた。

 左辺で黒81から難解なコウ争いが始まる中、午前中に88手まで進んだ。黒105とコウを解消したあと、芝野は下辺白106、108と力強く襲い掛かる。直後、黒109と妥協したあたりから、村川が悩む場面が多くなる。

 形勢が揺れ動くなか、村川が右下隅黒137や、左上隅黒163と勝負手を放ち、大乱戦に持ち込んだ。

 一方、芝野が上辺に踏み込んだ白180が「読む力にすぐれた芝野二冠らしい決断の一手」(解説の結城聡九段)で、流れを大きく引き寄せた。

 このあと村川は粘り続けたが、芝野は冷静に対応。右辺白236と切って、勝利を手中におさめた。

 対局後、村川十段は「読みが正確ではないように思ったので、しっかり鍛えて次を頑張りたい」、芝野二冠は「後半、乱れた部分もあったので、次は少しでもいい碁を打てるように頑張りたい」とそれぞれ話した。

この記事を共有する

おすすめ情報