PR

1月下旬から転院繰り返す 新型肺炎感染の死亡女性

PR

 新型コロナウイルスについて記者会見する加藤厚労相=13日午後、厚労省
 新型コロナウイルスについて記者会見する加藤厚労相=13日午後、厚労省

 世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、ウイルス検査を受けていた神奈川県の80代の日本人女性が13日、死亡した。厚生労働省によると、死後に検査結果が出て、陽性が確認された。新型ウイルスと死亡との因果関係は現時点で不明だが、感染者が死亡したのは初めて。

 女性には新型ウイルスの感染が蔓延(まんえん)している中国湖北省、浙江省への渡航歴はなく、記者会見した加藤勝信厚生労働相は「国内で感染した可能性を踏まえ調査していく」と述べた。

 厚労省によると、女性は1月22日以降、倦怠(けんたい)感や食欲不振がみられ、同28日に初めて医療機関を受診し、経過観察を指示された。2月1日の再診で肺炎の診断を受け、別の医療機関に入院した。

 抗生物質などによる治療を受けたものの呼吸状態が悪化したため、さらに転院。12日に新型ウイルスの検査を受けたが、13日に死亡が確認され、その後検査結果で陽性が判明したという。

 加藤氏は「高齢者や基礎疾患がある人は重症化しやすい。症状があれば、適切に医療機関にかかってほしい」と呼びかけた。

この記事を共有する

おすすめ情報