PR

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第4章 現代に生き続ける「楠公さん」13 日本遺産に込めた河内の思い

PR

(上)正成父子にゆかりの深い観心寺の山門(いずれも恵守乾撮影)
(上)正成父子にゆかりの深い観心寺の山門(いずれも恵守乾撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 全国の神社で祭られ、私立学校の教育精神で今も生きる楠木正成(まさしげ)・正行(まさつら)父子で地域おこしができないものか。そう考えたのは大阪府河内長野市の島田智明市長である。

 同市は、少年時代の正成が学んだ古刹(こさつ)・観心寺を抱える「楠公さん」ゆかりの自治体。「桜井の別離」で父・正成と別れ、敗死して帰って来た父の首を見て死のうとした正行を、母の久子が諭した場所も観心寺。これだけの歴史の名所を観光などの求心力にしたいと考えるのは「自治体経営者」としては自然な発想だった。

 昭和29年に6町村が合併し、人口約3万1千人で発足した同市は、大阪のベッドタウンとして宅地開発が進み、平成12年には約12万3600人にまで人口が膨らんだ。しかし、その後は人口減少が始まり、令和元年12月末現在で約10万4500人。市勢の維持のためにも「市の中核」が必要だった。

 平成28年夏に初当選した島田市長が着目したのは、文化庁が始めた日本遺産の認定事業だった。29年には「摂津・河内に生き続ける楠公さん~中世のサムライヒーローが遺(のこ)した聖地を巡る旅~」で申請した。隣接する正成の本拠地、千早赤阪村や正成の終焉(しゅうえん)の地、湊川のある神戸市などと連携しての申請は、正成の歴史を地元の資産としてとらえるという意味では画期的なものだった。しかし、落選した。個人に特化した案は制度の趣旨にそぐわないというのが文化庁の判断だった。

 河内長野市の申請は翌年も、さらに翌々年も続いた。文化庁の指摘に従わなければ認定はかなわないので、正成の存在を薄める作業は行ったが、島田市長をはじめ担当職員らは「風」の変化は感じ取っていた。それは申請内容の相談に訪れた大阪府の幹部職員が口にした言葉が象徴していた。

 「大阪で歴史上の人物と言えば、何と言っても太閤さん(豊臣秀吉)や。でも太閤さんはもとは愛知の人やからな。純粋な大阪の偉人と言えば、楠公さんになるなあ」

(下)金剛寺の楼門=大阪府河内長野市(恵守乾撮影)
(下)金剛寺の楼門=大阪府河内長野市(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 戦前・戦中を思い出させる正成への抵抗感が薄れていることを実感させる言葉だった。3度目の申請で昨年5月、同市は日本遺産に認定された。申請内容は、「中世に出逢えるまち~千年にわたり護(まも)られてきた中世文化遺産の宝庫~」。観心寺のほか、南北朝時代に正成が何度も戦勝祈願を依頼した金剛寺などを中心に栄えた街並みを「都市近郊にあって中世文化遺産や景観を良くとどめた豊かな地域」と申請し、それが評価されたのである。

 「苦労が報われたという気持ちでした」

 認定された際の思いを、島田市長はそう表現する。自治体の人口減少対策には企業誘致や子育て施策の充実などの方策もある。そうした施策の一方で、地域の宝として古くから住民の心に生きる歴史に注目したことは、他自治体の参考にもなるだろう。

 日本遺産認定後、同市は市内と神戸市でシンポジウムを開催。さらに、誰でも日本遺産を説明できることを目指し、ボランティアガイドブック約600部を作製中だ。

 「楠公さん」を前面に出した地域おこし運動は今、正成らを主人公にしたNHK大河ドラマ化の誘致運動になっている。河内長野市が旗振り役になって発足した誘致協議会には大阪、神戸、京都、堺という近畿圏の全政令指定都市を含む58区市町村(1月15日現在)が参加している。

 ここまで正成にこだわる理由、正成の魅力について島田市長は、正成が建てたと伝わる寄手(よせて)塚、身方(みかた)塚(ともに千早赤阪村)を例にこう語る。

 「『敵』という言葉ではなく『寄手』とする。相手に敬意を払う日本伝統の考えは、自分自身をさらに高めるために『どのような人間であるべきか』と考えさせてくれるものです」

 2つの塚は、正成が鎌倉幕府軍を迎え撃ち、その後の幕府崩壊につなげた「千早城の戦い」での戦死者を供養するため建てたという五輪塔だ。正成の遺志を引き継いだ正行にも、戦闘の際に逃げ場を失い、渡辺橋(現大阪市の天満橋付近)から落ちた敵兵を助けた「渡辺橋の戦い」の逸話が残る。

 島田市長は、日本遺産認定が人を呼び込むだけの力だけではなく、地域住民の郷土愛育成につながると説く。

 「この地で育ち、いつか帰ってくる子供たちが、河内長野市は『日本遺産のまち』として誇りを持てるようになるはずです」

 そのためには、後醍醐天皇への忠義を精神の支柱にして、知謀を尽くして奮戦し、新たな世を見据えて手を打つことも忘れなかった正成の真の姿を伝えることが欠かせない。正成を大河ドラマに、という運動にはそんな狙いも込められている。=毎週金曜掲載

■日本遺産

 地域の文化財の魅力を高め、観光資源として積極的に活用する目的で、文化庁が認定している。寺社や城郭、祭り、伝統芸能など「複数の有形・無形の文化財」で構成。有識者委員会が、外国人や地域住民らにも分かりやすい物語性や日本遺産を生かした地域振興策などを審査する。

 認定されると、国が観光ガイドの育成や多言語のホームページ作成といった取り組みを財政支援。平成27年度から始まり、累計で46道府県の83件が認定済み。文化庁は次回の認定で100件程度にするという。

 河内長野市は「中世に出逢えるまち」以外でも「女人高野」をテーマにした日本遺産の認定を目指している。空海が開いた高野山真言宗の総本山・金剛峯寺を抱える和歌山県高野町、空海の母が女人禁制の高野山に少しでも近づこうと晩年を過ごした慈尊院が建つ同県九度山(くどやま)町、女人高野としての知名度が高い室生(むろう)寺がある奈良県宇陀市と連携し、活動を続ける。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報