PR

【歴史の転換点から】信長をめぐる女たち(1)あの「帰蝶」も登場 側室「3千人」?

PR

前のニュース

金色に輝く織田信長像=JR岐阜駅前(関厚夫撮影)
金色に輝く織田信長像=JR岐阜駅前(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 織田信長とはいかなる人物だったのか-。研究者や歴史ファンにとって永遠のテーマであろう。信長の正室とされる「帰蝶」役だった沢尻エリカ被告降板の余波で、異例の1月中旬スタートとなったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は明智光秀だが、光秀を描くには信長の人物評価や2人の主従・人間関係、さらに本能寺の変をいかに解釈するか-といった要素を欠かすことはできないだろう。そんな大河ドラマの「影の主役」-信長について、見過ごされがちだった彼をとりまく女性の視点から考えてみたい。(編集委員 関厚夫)

血まみれの魔王か、慈悲の天下人か-その最期

 「女は苦しからず。急ぎまかり出よ(逃げよ)」

 これが記録上、信長最後のことばとなった。天正10(1582)年6月2日(旧暦)明け方のことである。「是非に及ばず(言語道断)!」。光秀、そして自分自身に向けたであろうこの憤激の一語を発した後、信長は光秀軍を相手に自ら弓矢や槍(やり)を取って最前線で奮戦した。が、まもなく肘に槍傷を負い、奥に退いたとき、回りに控えていた「女ども」に前述のように告げた。

 信長研究の原典といえる『信長公記』(著者は信長の側近だった太田牛一)が描く「いまわの信長」だ。天下人の矜持(きょうじ)を後世に伝えるエピソードだが、正反対ともいえる姿を記録した史料がある。本能寺の変から約4カ月後に書かれたとされる『惟任(これとう=明智光秀)退治記』である。

 「信長は日ごろ寵愛(ちょうあい)していた美しき女性たちをも刺し殺し、御殿に自ら火をかけて御腹を召された」(訳・東京大学史料編纂所の金子拓准教授。原文は漢文)

 『惟任退治記』には「(信長は)朝は廉直な政道を志して曲がったことを糺(ただ)し、日が暮れると奥にいる三千の美女たちの寵愛をほしいままにした」(同)といった一節もある。彼をめぐる女たちに最後に見せたのは、慈悲の心か血にまみれた魔王の顔か。はたしてどちらが信長なのか-。

「帰蝶」(濃姫)像=愛知県清須市の清洲公園(関厚夫撮影)
「帰蝶」(濃姫)像=愛知県清須市の清洲公園(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(2/4枚)

濃姫と「変」

 信長を後半の主人公に、彼の正室である濃姫(のうひめ、「じょうき」と読みがなをふる研究者も)の父、斎藤道三を前半の主人公に配した『国盗り物語』。国民作家、司馬遼太郎の代表作といえるこの小説のクライマックスはやはり、本能寺の変である。

 ここで信長は側近に「道連れにして死んだとあれば、世間に対してきたなし」と述べ、「女ども」を逃がすように命じる。ここまでは「信長公記説」だが、このあと「公記」にも『惟任退治記』にもない場面が展開する。

 変の当日、濃姫も本能寺に宿泊していた。そして「光秀謀反」と聞くや濃姫は「即座に身支度をし、(中略)白枝(しらえ)の薙刀(なぎなた)をとって殿舎の広庭へ出」て戦った。が、明智方の「槍にかかって崩れ、そのまま果てた」とある。

 『国盗り物語』を否定するわけではないが、信長の最期以上に濃姫の最期については所説ある。そんな彼女の墓が京都にあるという。陽も風もおだやかな新春の一日、訪れた。

信長一族の墓

 バスターミナルと地下鉄がまじわる京都市北部の交通の要衝・北大路駅。徒歩で西に向かうと、約15分で平安時代初期から「紫野」と呼ばれる地域に至る。その中心に位置するのは臨済宗の名刹(めいさつ)・大徳寺。2階部に自身の木像が祀(まつ)られたことが千利休切腹の理由の一つとなった山門を右手に眺めながら境内の西北に道を取ると、20を超える大徳寺の塔頭(たっちゅう)の一つ、総見院に行き当たる。

 本能寺の変に斃(たお)れたさい、信長は文字通り灰燼(かいじん)に帰し、明智光秀は血眼になって捜索したが、遺体はおろか遺骨さえ発見できなかった。そんな信長の菩提(ぼだい)を弔うため、豊臣秀吉はこの総見院を建立し、信長の面影を最もよく伝えると評された木像2体をつくらせ、一つを火葬した。残る一つは現在、総見院に安置されている。

「帰蝶」(濃姫)像と織田信長像=愛知県清須市の清洲公園(関厚夫撮影)
「帰蝶」(濃姫)像と織田信長像=愛知県清須市の清洲公園(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(3/4枚)

 院内にある墓所を北に縦断した先に、信長と彼の一族の墓碑-石製の五輪塔が東西に7つ並んでいる。西から3番目、信長の五輪塔にはシキミの枝葉が供えられていた。案内板を見ると、やはり本能寺の変に斃れた嫡男の信忠や、浮き沈みの激しい人生ながら信長の血脈を後世に残した次男の信雄らの名前がみえる。

 信長の五輪塔の左下、方角でいえば西南に少し離れたところに「正室 帰蝶(濃姫)」の記載がある。ほかの墓碑もあるために現地では少々わかりにくいのだが、信長と同様、シキミが供えられているのが「帰蝶」の五輪塔だった。

「帰蝶」の生と死

 「天文4(1535)年生まれ。同18年2月24日、尾張の古渡城主、織田信長に嫁す。帰蝶の方という。また鷺山殿ともいう」

 江戸時代初期の成立で、「帰蝶」の名前が初めて登場する史料としてしられる『美濃国諸旧記』の記述である。同書によると、帰蝶の母は「東美濃随一の名家」である明智一族出身で明智城主だった光継の娘「小見の方」。後に斎藤道三と改名する「長井新九郎秀龍」が、美貌と知性、気丈さを併せ持つ小見の方と同時に明智家の勢威をわがものとするため、縁談を推し進めたのだという。

 ちなみに「諸旧記」には明智光継は光秀の祖父にあたり、「明智光秀は(帰蝶の)従弟なるがゆえに、その余情あるところなり」と記されている。後半部の「余情」は「よせい」と読み、「光秀は帰蝶のおかげで信長のもとで出世した」の意だろうか。ともあれ、司馬が『国盗り物語』で描いた人間関係の原型がここに垣間見える。

 岡田正人氏編著の『織田信長総合事典』によると、帰蝶は大坂城落城の3年前にあたる慶長17(1612)年-推定で数え歳78まで生きながらえた。その墓所が総見院の五輪塔なのだという。一方、横山住雄氏は著書『斎藤道三と義龍・龍興』のなかで、道三の主家筋にあたる土岐頼充(純)に嫁ぎ、頼充の急逝(道三による謀殺という)で実家に戻った「道三の娘」こそ「帰蝶」で、天正元(1573)年末に早世したこの正室は「信長最愛の女性」であり、信長は彼女をしのぶ肖像画を描かせた-と推定している。

地元では「光秀ゆかり」と伝えられている明智(知)城跡の夕景=岐阜県可児市(関厚夫撮影)
地元では「光秀ゆかり」と伝えられている明智(知)城跡の夕景=岐阜県可児市(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(4/4枚)

妻妾「3千人」-光秀の「妹」も

 「実家に舞い戻った姫」という意味で「帰蝶」という名前とも符合する「横山説」は魅力的だ。ただ、「3千人」ではないにせよ、信長が多くの側室をもっていたことは確かである。長男の信忠と次男の信雄、長女の五徳を生んだのは吉乃(きつの)。ほかに少なくとも10人以上の側室が存在し、20人を超える息子や娘たちが誕生したが、帰蝶は子宝に恵まれなかった。

 また、実妹か義妹かは判然としないが、光秀の「妹」の一人が信長の側室で、「一段のキヨシ(格段のお気に入り)」(『多聞院日記』)だったという。もし帰蝶が光秀のいとこだったならば、彼女はどんな気持ちだっただろう。さらに本能寺の変に関連していえば、この光秀の「妹」とされる側室が天正9年8月(旧暦)に死去したことが変の遠因になった、と推測する研究者もいる。

「天下人」にあらがう妻

 実は「帰蝶」にせよ、「濃姫」にせよ、信長の正室についてはその名前どころか動静すら、同時代の信頼できる史料にほとんどあらわれていない。数少ない貴重な証言の一つが信長とも交流のあった公卿、山科言継(ときつぐ)が残した日記『言継卿記』だ。永禄12(1569)年7月、実家の斎藤家秘蔵の壺を信長が取り上げようとしたところ、「信長本妻」ら16人が「自害する」と言い始めたため、美濃平定のさいの戦乱で紛失した、ということで落着した-などと書き残されている。

 天下人への道を歩み始めた夫に生命を賭してもの申す。わずか百数十字の文章ながら、信長に代表される男性優位の歴史のなかに埋もれた女性の肉声が伝わってくる。そして彼女が「道三の娘」であり、「信長の妻」にふさわしい意気地の持ち主だったことも。

次のニュース

この記事を共有する

おすすめ情報