PR

【教科書が教えない 幻の堺幕府】軍事、経済、地理的に有利 下克上を可能にしたまち

PR

 大永7(1527)年、室町幕府第12代将軍・足利義晴と管領(かんれい)・細川高国を京都から追放し、事実上の「将軍」となった足利義維(よしつな)と「管領」になった細川晴元らは、上洛(じょうらく)を急がず堺に本拠を置いた。情勢を見極めるまでの“仮住まい”だったとされるが、それは別にしても、堺というまちはさまざまな面でメリットがあったようだ。なぜ堺だったのか、その理由は-。(古野英明)

元長の祖父の時代から

 「堺幕府」が成立したとき、事実上の将軍・義維は10代後半、事実上の管領・細川晴元は10代前半とまだ若年者で、2人を補佐役としてリードしていたのは、晴元の出身である阿波(あわ)(徳島県)細川家の家臣で、20代の年長者である三好元長だった。堺に畿内の拠点を置くというのも、軍事を握っていた元長主導で進められたと推測される。

その他の写真を見る(1/2枚)

 三好家と堺の縁は深い。堺幕府や三好家と堺の関係について検証し発信する活動を展開している「堺・ちくちく会」の代表世話人、竹内魁成(かいせい)さんは「最初に堺に目をつけたのは元長の祖父・之長(ゆきなが)でした」と話す。

 之長は、高国と細川管領家の家督争いをしていた阿波細川家の澄元(晴元の父)の後見人で、京都にいることが多かった。そこで京都に近く、本拠地の阿波と海路で行き来するのに都合のよい堺を第2の拠点とすることを思い立った。江戸時代に書かれた堺の地誌「全堺詳志(ぜんかいしょうし)」には、永正元(1504)年、之長が京都から堺に来て、「一大宅を泉州(せんしゅう)海船の浜(堺のこと)において起こさんと欲して」館の建設工事を始めたと記されている。

 これが前回紹介した「海船政所」で、元長の代に完成をみる。位置は、堺を取り囲む環濠の北端で、「東西約650メートル、南北はその倍」と広大な敷地を有していたことから、単に三好氏の大邸宅があっただけでなく、1万人近い軍勢を収容できるベースキャンプでもあったのではないかとも推測されている。

日明貿易で巨万の富

 堺市博物館元学芸員、吉田豊さんが唱える「海船政所=軍事拠点」説には竹内さんも賛成で、「堺は豊かなまちですから、兵士らの食糧も十二分にまかなえたでしょう」。さらに、軍事的、地理的要因以上に「堺の経済力こそ、三好一族を引きつけた最大の要因だったのではないでしょうか」といって、こう力説する。

 「堺は日明(にちみん)貿易による巨万の富で潤い、黄金の日々を謳歌(おうか)していました。商人らは金を惜しみなく文化にも注ぎました。堺は当時、京都に次ぐ、洗練された大都会だったのです。軍事的、地理的メリットも併せて考えると、本拠地としてはこの上なく魅力的だったはずです」

材木の流通も握る

 一方、吉田さんは、阿波と堺との結びつきという点で、「材木」にも注目する。

 「材木は建築材として当時の必需品で、三好一族の本拠地である阿波や土佐(高知)など四国は一大産地でした。その材木を海路を使って堺に一手に集め、京都や奈良に出荷すれば、堺だけでなく三好の本拠地・阿波も潤うことになり、一石二鳥。材木の流通を握ることは経済的に重要なことでした」

堺市堺区の「材木町西」交差点。今も残るこの地名が三好一族とかかわりがあったのかどうかは不明だ
堺市堺区の「材木町西」交差点。今も残るこの地名が三好一族とかかわりがあったのかどうかは不明だ
その他の写真を見る(2/2枚)

 ちなみに、現在も堺市堺区に「材木町」という町名が残っている。少しややこしいが、この地名はかつて環濠内に2カ所あったとされる。今も堺市内に残る材木町は江戸時代からの記録しかないため、三好一族とのかかわりは不明だ。一方、今はもう町名として残っていない方の材木町は、ちょうど三好一族が堺に進出してきたころ、室町後期から記録に出始めているという。その位置は義維の御座所・引接(いんじょう)寺などもあったとされる堺の中心部だったと推測され、「堺幕府」と関係が深かったのはこちらのようだ。

 それはともかく、材木輸送により堺では海運業がより一層盛んになっていくことになる。「もともと堺には日明貿易で大型長距離船が出入りしていましたが、三好一族の根拠地である阿波との海路が整備されたことの意味は大きい。有事の際にはそのルートを使って兵員を船でスムーズに、安全に移動させることができたわけですから」

武器・武具の生産地

 さらに、古墳時代の昔から堺では鉄製品が大量に使用されていたことも見逃せない。「鉄砲が製造されるようになるのはもっと後のことですが、刀などの武器はすでに製造されていました。東南アジアから輸入されたじょうぶな皮を加工して鎧(よろい)などの武具を生産していました」と吉田さん。戦乱の時代に武器・武具の生産地を抱えることのメリットは計り知れない。これらのことを考えると、之長、元長ら三好一族が堺に着目したのも当然といえる。

 そんなうまみのある地に拠点を置き、本格政権に向けて体制固めをしていくかと思われた堺の政権だが、わずか5年で崩壊してしまう。その原因は…。

この記事を共有する

おすすめ情報