PR

囲碁最年少の仲邑菫初段、17勝に伸ばし打ち納め 名人戦予選

PR

囲碁の第46期名人戦予選Cで山田和貴雄七段(右)を破り、対局を振り返る仲邑菫初段=26日、大阪市の日本棋院関西総本部
囲碁の第46期名人戦予選Cで山田和貴雄七段(右)を破り、対局を振り返る仲邑菫初段=26日、大阪市の日本棋院関西総本部
その他の写真を見る(1/2枚)

 囲碁の最年少棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が26日、大阪市の日本棋院関西総本部で行われた第46期名人戦予選に出場し、山田和貴雄(わきお)七段(50)に144手までで白番中押し勝ちし、対戦成績17勝7敗でプロ1年目の対局を終えた。対男性棋士に限れば9勝1敗の高い勝率だった。

 4月に入段した同期12人のうち最多勝。デビュー年の成績では、6勝7敗の藤沢里菜女流名人(21)、8勝7敗の謝依旻(しぇい・いみん)六段(30)、10勝7敗の上野愛咲美女流本因坊(18)ら最近のタイトル戦線を盛り上げる女流棋士と比べても飛び抜けた成績だった。

この記事を共有する

おすすめ情報