PR

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第4章 現代に生き続ける「楠公さん」 9 茨城に残る「正成の末裔」の矜持

PR

後醍醐天皇を祭る笠置神社。楠木正成の孫、正勝が創建したと伝わる=茨城県大子町(酒巻俊介撮影)
後醍醐天皇を祭る笠置神社。楠木正成の孫、正勝が創建したと伝わる=茨城県大子町(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 茨城県最北部・奥久慈の大子(だいご)町上郷に「笠置山(かさぎさん)」と呼ばれる山がある。奥深いこの山の頂(いただき)に地元の人々が約600年、守り続けている小さな祠(ほこら)がある。後醍醐(ごだいご)天皇を祭る笠置神社だ。

 笠置山(やま)といえば京都が有名で、鎌倉時代末期の元弘元(1331)年5月、倒幕計画が漏洩(ろうえい)して都を追われた後醍醐天皇が臨幸した霊山だ。天皇がここで見た「常磐木(ときわぎ)の夢」によって楠木正成(くすのき・まさしげ)は召され、赤坂城や千早城の奮闘で倒幕に導いた。武家政治から天皇による「建武の新政」へ歴史が動く発端の舞台となった。

 この歴史にあやかり、奥久慈の山を笠置山と命名して神社まで建立した人物は正成の孫、正勝(まさかつ)と伝えられ、神社近くには墓も残されている。

 徳川光圀が編纂(へんさん)を始めた歴史書『大日本史』などによると、正勝は正成の三男である正儀(まさのり)の嫡男で、父が北朝に帰順し、その後に南北朝が和睦した元中(げんちゅう)9(1392)年以降も南朝方として戦い続けた。その最期は定かでなく、奈良県十津川村や大阪市東淀川区にも墓が残っている。

 最後まで南朝のために戦った正勝は、足利方との壮絶な戦いで散った正成、正行(まさつら)父子の遺訓を最も受け継いだとされ、忠誠を追賞して大正4(1915)年に正四位が贈られた。

 正勝はなぜ常陸国(茨城県)に落ち延び、「南朝の聖地」を再現させたのか。水戸史学会理事の飯村尋道(ひろみち)さんは「笠置山近くの八溝山(やみぞさん)から採れた金が後醍醐天皇に献上されるなど、常陸国は南朝色の強い土地でした。正勝はここに笠置山を再現させ、捲土(けんど)重来を図ったのでしょう」と語る。

 笠置神社の氏子たちは正勝に従って移り住んだ南朝方の武士の末裔(まつえい)という。「ご神木にすむムササビの鳴き声が、夜ごと山に響きます。氏子さんたちは『南朝復興を成せなかった正勝の義憤の叫びだ』と話しています」と飯村さんは話している。

笠置神社
笠置神社
その他の写真を見る(2/2枚)

 常陸には南朝の足跡が多く残されている。その理由について、飯村さんは「南朝の有力武将、北畠親房(きたばたけ・ちかふさ)が常陸で活動したことが大きい」と話す。正成や新田義貞ら有力武将が討ち取られて追い込まれた南朝は延元3(1338)年、形勢逆転を図ろうと親房を2親王とともに海路、陸奥(東北地方)に派遣した。海難で常陸国東条浦(現茨城県稲敷市)に上陸した親房はここで北朝軍を迎え撃った。5年にわたる「常陸合戦」の始まりだ。

 親房が小田城(同県つくば市)での籠城中、戦の合間に書き上げたのが『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』だ。神話の時代から南北朝時代の後村上天皇まで天皇中心に歴史を綴(つづ)り、南朝の正統を訴える内容で、後世では歴史書と評価されるが、もとは東国武士に南朝への参加を説得するための書物でもあった。

 親房の必死の工作もむなしく、北朝の重鎮、高師冬(こうのもろふゆ)の切り崩しで、親房は失意のうちに南朝の拠点・吉野に帰還したが、「正統な天皇に忠誠を尽くす」という理想は残された。水戸史学会事務局長で植草学園短期大名誉教授の但野(ただの)正弘さんは「『大日本史』でも、親房の主張は高く評価されています」とする。

 南北朝という乱世で当時の武士たちが、一族を守るため有利な方につこうとする中、親房は理論で正統を訴えた。利を求めることなく後醍醐天皇に尽くした正成の生き方とも重なり、常陸国での南朝への尊崇は後世まで息づくことになった。

 茨城県には南朝、そして正成への忠誠を守り続けた作詞家がいる。「七つの子」や「シャボン玉」「赤い靴」など今も親しまれる童謡を作詞した野口雨情(うじょう)だ。明治15(1882)年に北茨城市磯原町で生まれた雨情の生家は現在、「野口雨情生家資料館」としてゆかりの品々とともに保存されている。資料館入り口付近には大正6年に雨情が長男、雅夫に書いた手紙が展示されている。手紙は冒頭、こう記される。

 〈吾家ハ其初メ楠七郎橘正季(まさすえ)ニ出ツ、吉野没落後、三河加茂郡野口村ニ移ル、野口姓ヲ称ス故以ナリ〉

 自分たちは湊川の戦いで兄、正成とともに散った正季を祖先とすると説き、「長子雅夫ニ告グ 家名ヲ重ンジ」と結んでおり、雨情が楠木一族の末裔ということを強く意識していたのが分かる。雅夫の長女で資料館代表の野口不二子さんは「父は雨情から『小さな約束でも必ず守れ』と言われていたと聞きました」と語る。

 家業の廻船(かいせん)業が傾き、全国を流浪する波乱の人生を送った雨情が一番大切にしたのが「童心」だ。「雨降りお月さん 雲の蔭(かげ) お馬にゆられて 濡(ぬ)れてゆく」(雨降りお月さん)など、庶民の目線で純真素朴な詩を生んだ雨情の根本には、正成の末裔という矜持(きょうじ)があった。=次回は来年1月10日に掲載します。

 ■笠置神社

 応永年間(1394~1428年)に楠木正成の孫、正勝が創建したと伝わる。正勝は南朝方だった結城一族を頼ってこの地に居を構えたが、協力を得られず、悲運の最期を迎えた。昭和15年、正勝の墓とされる場所を発掘したところ、腐食した二重の棺から太刀か鎧(よろい)が腐食した赤土、曲玉(まがたま)や古銭6枚などが出土したとの記録が残っている。

 神社では正勝の従者の末裔という氏子たちによる例祭「旗上げ祭」(旧暦4月)と「強飯(ごうはん)祭」(同8月)が継承されている。近郊には南朝の伝承が多く残っており、県境を越えてすぐの福島県棚倉町の蔵光寺(ぞうこうじ)にある将軍地蔵尊は、この地に落ち延びてきた新田義貞の妻、勾当内侍(こうとうのないし)の守り本尊、地蔵菩薩を祭ったのが始まりとされる。

この記事を共有する

おすすめ情報