PR

仲邑菫初段が新人王戦で敗退

PR

仲邑菫初段は第45期新人王戦予選で、牛栄子二段に敗れた
仲邑菫初段は第45期新人王戦予選で、牛栄子二段に敗れた

 囲碁の最年少棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が16日、東京都千代田区の日本棋院で行われた第45期新人王戦予選に出場し、白番の牛栄子(にゅう・えいこ)二段に6目半の差で敗れた。公式戦通算成績は14勝7敗となった。プロ5年目の牛二段は平成29年に女流棋聖戦の挑戦者になるなど、若手女流棋士の成長株。

 25歳以下、六段以下の棋士に出場資格がある新人王戦の予選初戦で、仲邑初段は同期入段の高雄茉莉(たかお・まり)初段(18)を破ったが、この日の敗戦で32人による本戦入りを逃した。

この記事を共有する

おすすめ情報