PR

世界初、マレーシアとインドネシア出身の囲碁棋士誕生

PR

プロ入りが決まったマレーシア出身の曽富康(チャン・フーカン)さん(右)と、インドネシア出身のフィトラ・ラフィフ・シドキさん(伊藤洋一撮影)
プロ入りが決まったマレーシア出身の曽富康(チャン・フーカン)さん(右)と、インドネシア出身のフィトラ・ラフィフ・シドキさん(伊藤洋一撮影)

 囲碁の日本棋院は16日、来年4月にマレーシアとインドネシア出身の2人を棋士に採用すると発表した。両国からプロ棋士が誕生するのは、世界で初めてという。

 プロ入りが決まったのはマレーシア出身の曽富康(チャン・フーカン)さん(16)と、インドネシア出身のフィトラ・ラフィフ・シドキさん(17)。中国や韓国など囲碁が盛んな地域以外の国籍を有する人物を対象とした「外国籍特別採用棋士」制度が適用された。2人は、プロ志望者(院生)同士が対局する冬季棋士採用試験で、勝率5割以上の成績を収めたことで入段が認められた。

 チャンさんは今年1月に来日、日本棋院の院生になったばかり。芝野虎丸名人(20)が通った洪清泉(ホン・セイセン)四段(38)主宰の道場で腕を磨いた。院生対局では最も下のEから徐々にクラスを上げ、6月にはAクラス入りしていた。「1年でプロになることが目標だった。世界一になりたい」と決意を語った。

 日本生まれのフィトラさんは東京都小金井市立東小5、6年時に、弟2人とともに「文部科学大臣杯 小・中学校団体戦」(産経新聞社など主催)全国大会に出場し、2年連続で準優勝している。14歳だった平成28年10月に院生になった。「特別採用ということで、正棋士より弱いと思われないよう活躍したい」と語った。

 日本棋院の大淵盛人常務理事は「囲碁のさらなる国際化に力を尽くしてほしい」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報