PR

【囲碁】仲邑菫初段が同期の羽根彩夏初段に連勝

PR

 囲碁の最年少棋士・仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が9日、名古屋市の日本棋院中部総本部で行われた「第7期女流立葵(たちあおい)杯」の予選に出場し、290手までで羽根彩夏初段(17)に黒番7目半勝ちし、公式戦通算成績は14勝5敗となった。

 同期入段の羽根初段とは9月の「第14回若鯉戦」で対局し勝利、8月の非公式戦でも勝っている。

この記事を共有する

おすすめ情報