PR

国内最大の円墳から銅鏡の破片 発掘体験中に発見

PR

造り出し部分には、円筒埴輪列や葺き石が残っていた=奈良市の富雄丸山古墳
造り出し部分には、円筒埴輪列や葺き石が残っていた=奈良市の富雄丸山古墳
その他の写真を見る(1/2枚)

 奈良市にある国内最大の円墳、富雄丸山(とみおまるやま)古墳(4世紀後半)の墳頂部から「斜縁神獣鏡(しゃえんしんじゅうきょう)」と呼ばれる銅鏡の破片が出土し、奈良市教育委員会が28日、発表した。斜縁神獣鏡は卑弥呼の鏡とされる三角縁神獣鏡のモデルとされ、「造り出し」の構造などと合わせ、巨大円墳の被葬者を推測する上で貴重な成果という。

 富雄丸山古墳は、昨年度の発掘調査で直径約109メートルの3段築成と判明。王権に準じる人物の墓ともみられている。

 斜縁神獣鏡は、3世紀ごろに中国北東部から朝鮮半島北部で製作されたとされる。鏡の破片は長さ約3センチ、厚さ約0・1センチで、仙人とみられる模様の一部と突起が付いていた。先月実施された市民向けの発掘調査体験会で、参加者が発見したという。国内では近畿地方を中心に45面見つかっているが、富雄丸山古墳で確認されたのは初めて。

 墳丘の北東側では、2段構造の造り出しを確認。上段斜面にはこぶし大の石を積み上げた葺き石が良好な状態で残存し、下段平坦面には円筒埴輪が並んでいた。墳頂部中心から約8・5メートル東では、周囲から一段高くなった「壇」とみられる約80センチの段差があった。円墳としては珍しく、壇を設けて埋葬施設を構築した可能性がある。

 奈良市教委の村瀬陸主事は「造り出しの構造や銅鏡に、王権中枢の古墳に近い特徴がある。壇は格式の高さを示すものだろう」と話している。

 現地説明会は30日午前10時~午後3時に行われる。

この記事を共有する

おすすめ情報