PR

“刀剣女子”に人気、清光ら刀工の作品も 日本刀19点を栃木県足利市に寄贈

PR

今回寄贈される日本刀を展示した刀剣展には多くの刀剣女子が訪れた=昨年2月、足利市昌平町の史跡足利学校
今回寄贈される日本刀を展示した刀剣展には多くの刀剣女子が訪れた=昨年2月、足利市昌平町の史跡足利学校

 刀剣ブームに沸く足利市に、貴重な日本刀など19点が地元の篤志家から寄贈されることが27日、関係者への取材で分かった。“刀剣女子”に人気の刀工、大和守(やまとのかみ)安定、加州(かしゅう)清光、源清麿(きよまろ)らの作品が含まれており、今後注目を浴びそうだ。市は来年にも一部公開を検討している。

 寄贈されるのは室町時代から江戸時代末期頃までの日本刀18本と、蒔絵(まきえ)の施された太刀の拵(こしらえ)1点。篤志家は「地域活性化のために活用してほしい」と寄贈を申し出たという。

 安定と清光の手掛けた刀は新撰組の沖田総司が愛用したとされ、刀剣ブームの火付け役となったオンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」で擬人化され、刀剣女子に人気が高い。今回の2本とも昨年2月、史跡足利学校(同市昌平町)で展示され、全国から1万5千人のファンが訪れた。

 清麿の作品は脇差(約40センチ)で、本名の山浦環(たまき)から「環」の銘が刻まれている。清麿の若い頃の傑作とされ、県文化財指定。清麿は江戸後期の優れた刀工で、新撰組局長の近藤勇の愛刀は刀工・虎徹(こてつ)の作とされているが、清麿の刀に虎徹の銘を刻んだとする説もある。

 寄贈品にはそのほか「長船与三左衛門尉祐定(おさふねよざえもんのじょうすけさだ)」、「助広(すけひろ)」、「兼定」、「備前介宗次(びぜんのすけむねつぐ)」などの銘の刻まれた刀が含まれている。鑑定した足利郷土刀研究会代表の田部井勇さん(84)は「名刀が多く、特に清麿の脇差は非常に貴重ではないか」と話している。

 同市は一昨年春、堀川国広の名刀、山姥切(やまんばぎり)国広(国重要文化材)を展示し、国内外から刀剣女子ら約4万人が訪れた。以来、地域活性化策として「刀剣ファンから足利ファンに」を合言葉に官民協力で毎年、刀剣展を開くなど、力を入れている。

 和泉聡市長は「県指定文化財を含む貴重な刀剣の寄贈の申し入れを頂き、ありがたい。寄贈者の意向を踏まえ、市の活性化のために活用したい」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報