PR

【歴史の転換点から】大獄に死す-松陰と左内の「奇跡」(9)魂は残る-たとえわが身は朽ちようとも

PR

前のニュース

吉田松陰肖像画(全部)=山口県文書館所蔵
吉田松陰肖像画(全部)=山口県文書館所蔵
その他の写真を見る(1/2枚)

 井上馨や品川弥二郎、宍戸●(王へんに幾、たまき)、杉孫七郎ら長州藩出身で明治を代表する顕官の子孫の方々と偶然、臨席となり、お話しする機会を得た。吉田松陰の命日(10月27日=旧暦)に東京・世田谷の松陰神社で営まれた例大祭神事後の直会(なおらい)でのこと。話題は多岐にわたったが、やはり安政の大獄-その犠牲となった松陰や橋本左内に移っていった。

格別の罪なし

 橋本左内への判決は当初、「格別の罪もないが、罪なしでもない」ため、「流罪」ということで老中以下、一致していた。その旨、大老の井伊直弼(なおすけ)に伺書(うかがいしょ)を提出すると、後日、戻ってきた伺書には「死刑」の付け札が。みな心中仰天したが、当時の井伊は飛ぶ鳥を落とす勢いだったため、反論はなかった-。

 左内を側近に登用した越前福井藩16代藩主、松平春嶽(慶永)が維新後に明らかにした「幕吏から詳しく聞いた切歯に堪えない話」である。これを裏付けるかのように井伊家には「遠嶋(島) 橋本左内」の上に「伺より一等重き方」と書かれた付け札が張られた文書が残っている。「遠島より一等重き方」とは「死刑」のことだ。

 だが、彦根藩研究の第一人者の母利美和・京都女子大教授の著書や講演によると、この付け札の筆跡は直弼のものではないだけではなく、彼が独断で「一等重い罪」を科したという説は、「当時の幕府評議のあり方から考えて不可能であり、処分は当時の幕閣の合意のもとで決定されたと考えるべきである」という。

橋本左内肖像画(島田墨仙筆、福井市立郷土歴史博物館蔵)
橋本左内肖像画(島田墨仙筆、福井市立郷土歴史博物館蔵)
その他の写真を見る(2/2枚)

楠公興すべし、徳川幕府滅ぶべし

 「意見書類を主家の毛利家や京都の公卿に提出したばかりか、上京中の老中、間部詮勝(あきかつ)に対し、一死殉国の覚悟で直訴しようとした。国のためと弁明するが、公儀をはばからず、不敬の至り。その上自宅蟄居(ちっきょ)中に梅田雲浜(うんぴん)と面会したことも不届き」

 松陰に対する判決書の要約である。梅田雲浜は安政5(1858)年9月(旧暦)、安政の大獄の最初期に逮捕され、1年後に獄死。志士の指導者格とされる儒学者だった。

 「意見書類」として判決では具体名が3つ挙がった。その一つ『対策一道』はまず説得をもって対米関係を立て直し、かつ航海雄略(開国)を実現すべし-とする外交論。身分を超えた賢才の登用を説く『狂夫の言』も挙げられたが、問題は『時勢論』。勅許を得ないまま幕府が日米修好通商条約を結んだばかりか、安政の大獄を断行していることを強く批判、後醍醐天皇の呼びかけに応じて楠木正成や新田義貞らが立ち上がり、鎌倉幕府を打倒した故実を引き、朝廷に「御果断」を求める内容だった。

 確かに井伊らにとっては「不敬」かつ「不届き」だろう。しかし、松陰の言動は日本の独立を思うがゆえであり、その計画は安政の大獄という圧政に対して全国の志士が抱いた抵抗の一環であったことは本連載ですでに述べた。また、外国奉行や勘定奉行を歴任し、幕府に殉じるようにして憤死した気骨の旗本、水野忠徳は生前、後に明治を代表する新聞人となる福地源一郎によくこう語っていた。

 「井伊大老が橋本左内を殺したという一事をもっても徳川氏を亡ぼすに足る。いわんやその他の者を殺罰したるにおいてをや」

齢30にして四季定まる

 今回、松陰の書簡や著作類を読み返してみて遺著『留魂録』がもつ価値を再認識させられた。ここでは『対策一道』にいう航海雄略論が松陰の外交論の到達点であること、松陰が身分を超えて賢才を育成する学校の設立を悲願としていたこと-などがつづられている。また、松陰の透徹した死生観を象徴する言葉の宝庫でもある。

 身はたとひ武蔵の野辺に朽(くち)ぬとも留置(とどめおか)まし大和魂-。

 巻頭に書かれたこの辞世とならんで『留魂録』のなかで最も有名なのが、「きょう、死を決するにあたっても心が落ち着いているのは、四季の循環によって得るところがあったからだ」とはじまる一章であろう。

 松陰は続けて、人間の一生にはその長短にかかわらず、「春に種をまき、夏に苗を植え、秋に収穫し、冬に貯蔵する」という四季があり、数え歳で30となる松陰の人生も四季に彩られている-と説く。彼や享年26の左内だけではない。高杉晋作や久坂玄瑞らの「四天王」をはじめ、多くの松下村塾生もまた、幕末維新という激動期での短い一生のなかで四季を駆けていった。ちなみに冒頭でふれた明治の顕官4人のうち、松陰門下は品川だけである。

いまも芽吹く志

 松陰の出身地・山口県萩市から北東へ約1000キロ離れた青森県弘前市。ここでは100年以上にわたって毎春、「松陰祭」が開催されている。

 場所は脱藩した松陰が訪れた儒学者の旧宅の一角で、その名も「松陰室」。運営にあたっている一般財団法人「養生会」理事長、小笠原豊さん(71)は「当日は講師を呼んで話をしてもらいますが、松下村塾の話になると出席者はみなさん感激されています。いま、教育がすたれているからでしょうね」。

 小笠原さんによると、松陰が歩んだ古道・羽州街道を整備・顕彰するボランティア活動を通じて「松陰先生の志に触発されたのでしょうか」、地元を支える政治家や経済人が生まれているという。長州藩に対して複雑な感情をもっているとされるみちのくの地だが、訪れてみると、戊辰戦争の激戦地・会津をはじめ「松陰だけは例外」を思わせる碑や遺構が少なくない。

 「出来不出来はわからぬけれど、実りはあった。もし継承してくれる同志がいるならばその種子は後世に受け継がれ、わが一生は豊作だったといえるだろう」

 松陰は「四季の章」をそう締めくくっている。司馬遼太郎が松陰を前半の主人公にした『世に棲む日日』の「文庫版あとがき」でふれたように明治維新以降、「かれの名」は「国家思想の思想的装飾として」使われ、戦後しばらく、その反動が起きた。松陰没後160年。そんな歴史を超えて、彼がまいた種子はいまも芽吹く。松陰の四季は循環し続けている。

(編集委員 関厚夫)=この項おわり

 本連載の主な引用・参考文献は次の通り(編著者や訳者の敬称略)。

 吉田松陰全集(全10巻・別巻1、大和書房)▽同(全10巻、岩波書店)▽橋本景岳全集(上下巻、景岳会編)▽吉田松陰 留魂録(訳注・古川薫、講談社学術文庫)▽啓発録(橋本左内著、訳注・伴五十嗣郎、同)▽日本思想大系55(岩波書店)▽西郷隆盛全集第5、6巻(大和書房)▽幕末維新史料叢書4(松平春嶽著『逸事史補』収載、人物往来社)▽同8 懐往事談・幕末政治家(福地源一郎著、同)▽大日本(ヘンリー・ダイアー著、平野勇夫訳、実業之日本社)▽都日記(有馬新七著、全国書房)▽象山全集増訂版巻5(信濃教育会編)▽防長回天史(上)(末松謙澄著、柏書房)▽橋本左内(山口宗之著、吉川弘文館)▽安政の大獄(吉田常吉著、同)▽若越郷土研究62-2(長野栄俊著『橋本左内は刑場で泣いたか』収載)▽橋本左内 その漢詩と生涯(前川正名著、三重大学出版会)▽井伊直弼(母利美和著、吉川弘文館)▽間部詮勝シンポジウム記録集「安政の大獄の真実」(福井県鯖江市教育委員会)▽山本周五郎抵抗小説集(『橋本左内』収載、実業之日本社)▽志士:吉田松陰アンソロジー(山本周五郎著『城中の霜』収載、新潮文庫)▽幕末動乱の男たち(上)(海音寺潮五郎著、新潮文庫)▽松平春嶽のすべて(三上一夫・舟沢茂樹編、新人物往来社)▽吉田松陰(桐原健真著、ちくま新書)▽新国史大年表第6巻(日置英剛編、国書刊行会)▽幕末維新史事典(新人物往来社)

次のニュース

この記事を共有する

おすすめ情報