PR

産経国際書展関西展が開幕

PR

関西からの入賞作品などが展示されている産経国際書展関西展=大阪市立美術館
関西からの入賞作品などが展示されている産経国際書展関西展=大阪市立美術館

 書道芸術を通して地域文化の振興を図る「第36回産経国際書展関西展」(産経新聞社、産経国際書会主催)が26日、大阪市天王寺区の市立美術館で始まった。午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)、入場無料。12月1日まで。

 全国からの公募作品6157点のうち関西在住者の入賞、入選作品と、全国巡回の高円宮賞、内閣総理大臣賞ら上位特別賞、書会幹部作家作品など438点を展示している。

 同展では、大阪市城東区の良元鷺栖(ろせい)さんが産経準大賞を受賞。京都市右京区の西川遷石(せんせき)さんは、漢字部門と現代書部門の両方で会友賞に輝いた。大阪市天王寺区の山田彩月(さつき)さんが23歳以下の最高賞のU23大賞を受賞した。

 その他の特別賞は次の通り。(敬称略)

 【無鑑査会員特別奨励賞】小山鷺果(大阪市中央区)【無鑑査会員奨励賞】肥後彰宴(同市平野区)、古田蘭紲(大阪府豊能町)【会友賞】秋山峻一(池田市)、井上空咲(大阪市天王寺区)、大賀陽子(豊中市)、大森香楓(堺市)、鰈崎紅葉(富田林市)、佐藤和夫(箕面市)、今村華綏(京都市上京区)、亀井稜石(京都市右京区)、中村双琴(京都市伏見区)、松本明子(同)、鈴木栖城(奈良県河合町)、勝又明子(米国)【会友奨励賞】桑敏之(堺市)、井垣希凰(京都市右京区)、宮崎玄煌(京都府南丹市)、鐘築重治(神戸市北区)、鈴木栖城(奈良県河合町)【産経新聞社賞(公募)】谷川良子(岸和田市)【フジテレビジョン賞(公募)】中谷結彩(東大阪市)

    ◇

 会場には中山秀征さんらタレントの特別出品作4点と、「2019産経ジュニア書道コンクール」の上位入賞作品53点も展示されている。

この記事を共有する

おすすめ情報