PR

「エミシの土器」が東京・多摩で出土 強制移住示す根拠か 坂上田村麻呂、アテルイら活躍の時代

PR

帝京大八王子キャンパスから出土した土器は、平安時代のエミシが使った土器の特徴を備えている=東京都八王子市(橋本昌宗撮影)
帝京大八王子キャンパスから出土した土器は、平安時代のエミシが使った土器の特徴を備えている=東京都八王子市(橋本昌宗撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 帝京大学八王子キャンパス(東京都八王子市)の敷地内から出土した9世紀前半につくられたとみられる土器が、東北地方にかつて住んでいた「蝦夷(えみし、エミシ)」の特徴を備えたものであることが、同大学などの分析で分かった。当時は、東北支配を強める朝廷と反発するエミシとの戦いが続いていた時期。捕虜となったエミシの一部は全国に移住させられたといわれているが、関連を示す遺物が発見されるのは異例で、今も謎が多いエミシの実態を知る貴重な資料となりそうだ。(橋本昌宗)

 発見された土器は「赤彩球胴甕(せきさいきゅうどうがめ)」と呼ばれるもので、瓶(かめ)の胴部分が大きく広がり、「ベンガラ」と呼ばれる赤い顔料が塗られているのが特徴。瓶口の下部には、縦方向に線を引くような模様も描かれていた。

 同キャンパス内にある帝京大総合博物館によると、土器は平成8~9年、大学敷地内の整備工事に伴う発掘調査で見つかった。多摩地区で土器が出土すること自体は珍しくなく、長らく保管されたままになっていたが、最近になり公益財団法人「山梨文化財研究所」(山梨県笛吹市)の平野修研究員を中心に出土品の精査を行っていた。

 その結果、見つかった土器は土をひも状に伸ばして両端をつなぎ輪にしたものを積み上げてつくられ、ひものつなぎ目をへらなどで消した痕跡があることが判明。

 この時期の関東では、ろくろを使った土器作りが主流で、色付けや製法の特徴は岩手県北上市を中心とした地域で8世紀後半~9世紀前半に作られたものと、一致していることが分かった。こうした土器が東北地方以外で発見されるのは極めて珍しいという。

 土器は9世紀前半ごろの建物跡とみられる場所から出土。内側が黒く塗られた土器も多数見つかった。建物跡にはかまどの跡とみられる遺構もあったが、火をたく際に煙を排出するためとみられるトンネルがこの時期の関東のものより長く、これらもエミシに見られる特徴という。

 8世紀後半~9世紀前半は、平安京が造営されるなど奈良時代から平安時代へと移行する前後。朝廷から征夷大将軍に任命された坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)や、エミシ側の指導者「アテルイ」らが活躍した時代に当たる。

 「東北38年戦争」とも呼ばれる朝廷とエミシの戦いは朝廷側の勝利に終わり、「俘囚(ふしゅう)」「夷俘(いふ)」と呼ばれる帰順したり捕虜になったエミシたちが、関東から九州まで各地に移住させられた。

 こうした移住は「移配」と呼ばれ、平安時代の文献「延喜式(えんぎしき)」にも記されている。勢力を分断したり、労働力として使役したりするためだったと考えられているが、各地に散ったエミシがどのように生活したかは、文献や痕跡も少なく、不明な点も多い。

 土器などが出土したキャンパスは多摩丘陵にあり、東京都や埼玉県、神奈川県北部を含む「武蔵国」の国府(東京都府中市)や国分寺・国分尼寺(国分寺市)からも近い。付近には街道があり、馬を育てる牧場もあったと推定されており、武蔵国の政治、経済、宗教の中心地から近い位置だったとみられる。

 建物跡付近からは、皮をなめすのに使ったとみられる石器や牛の骨も多数見つかった。当時、皮をなめすのに牛の骨髄を使う技法があり、革製品を作っていたことがうかがえるが、この建物が使われた期間は長くなかったとみられるという。

 「周辺と同化したのか、別の場所に再度移住させられたのか。いずれにせよ、数世代も使われたとは思えない」。同館学術情報グループの堀越峰之さんはこう話し、「これまで関東で出土した土器をエミシに関連づける視点は乏しかった。今回の発見を基に従来の発掘成果を洗いなおせば、よりエミシの広がりが分かるのでは」と期待を込めた。

 出土した土器など約250点は帝京大総合博物館で来年1月14日まで展示されている。入場無料。日曜祝日閉館だが臨時開館日あり。問い合わせは同博物館042・678・3675。

この記事を共有する

おすすめ情報