PR

【歴史の転換点から】大獄に死す-松陰と左内の「奇跡」(8)時代と洋の東西を超えて実現した悲願 野村興児・至誠館大学長 

PR

前のニュース

吉田松陰全集を手にする野村興児・至誠館大学長=山口県萩市椿東浦田の至誠館大学・吉田松陰研究所で(関厚夫撮影)
吉田松陰全集を手にする野村興児・至誠館大学長=山口県萩市椿東浦田の至誠館大学・吉田松陰研究所で(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 吉田松陰は志士として、また教育者として何を後世に残したのだろうか。松陰の故郷である山口県萩市出身で、国税庁調査査察部長を経て萩市長を6期務めた後、現在は至誠館大学長と同大吉田松陰研究所長を兼任している野村興児さん(75)に聞いた。

日本一自由だった松下村塾

 「吉田松陰は日本ではかつてなかった教育を松下村塾で行っていました。というのも、そこではすべてが『自由』だったからです。規則もないし、身分の制限もない。学び方も塾生によってまちまちだし、出入りも自由。授業料を支払う義務もない。当時は規則で学生をがんじがらめにする一方、成績主義によって座る場所まで決まる-といった教育が当たり前でした。

 安政の大獄によって松陰は斬首刑に処されましたが、その3年後の文久2(1862)年の暮れ近く、朝廷からの要請に応えるかたちで幕府は安政の大獄で罪に問われた志士たちへの大赦を行う一方、大獄を主導した彦根・井伊家や越前鯖江・間部家などに対して減封や藩主隠居といった処分を科します。長州藩では翌3年春、長く士籍剥奪処分となっていた吉田家を再興すると同時に、実家の杉家に命じて松陰の書簡や意見書をはじめとする著作を藩校の明倫館に生徒たちの『読誦用』として提出させました。つまり、松陰の精神や教育を明倫館に導入したわけです。こうしたことが、長州藩が幕末維新期に主導的な役割を果たしてゆくうえで大きな転機になったと考えています」

 --長州藩と松陰の関係もそうですが、松陰と門弟たちの関係も「山あり谷あり」の観があります。

松陰死して門下一つに

 「その早い晩年、故国と藩の将来を憂い、さまざまな議論を重ねてゆくうちに松陰は過激化します。代表例が井伊直弼(なおすけ)とともに、『朝廷担当』として安政の大獄を牽引(けんいん)していた老中、間部詮勝(まなべ・あきかつ)に対する襲撃計画でした。『松下村塾四天王』に数えられた高杉晋作や久坂玄瑞をはじめ、多くの塾生たちは松陰とは意見を異にします。そんななか松陰は江戸・伝馬町牢屋敷に移送された後、『自分が死ねば晋作をはじめ、松下村塾生の志は定まることになる』といった内容の手紙を当の晋作に書き残していますが、その通りになりました。師の非業の死以降、ちりぢりになっていた塾生たちは再結集し、明治維新への道を切り拓(ひら)いてゆきます。それを可能にしたのは松陰の『死』であると同時に『生きざま』-いわば彼の教育そのものであったと考えています」

松下村塾舎がその境内にある松陰神社で=山口県萩市椿東(関厚夫撮影)
松下村塾舎がその境内にある松陰神社で=山口県萩市椿東(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 --もう少し具体的に説明してください。

 「米国海軍提督、ペリーに象徴される欧米列強の『力の外交』に抗して日本の独立を守り、主権を浸食されつつあった中国・清や植民地化されたインドの轍(わだち)を踏まない-。これが松陰の言動の根底にある志でした。この後、東アジアでまともに独立を保つことができたのは日本とタイぐらいだったことを考えると、松陰の先見性がよく分かると思います。

 しかしながらその結果、自らを『先駆け』として、門弟にまで忠死や義死を求めるようになります。その一つが老中襲撃計画です。これらは実行されることないまま、松陰は捕縛されます。そして松陰はすべて罪を自分に帰し、門弟だけでなく、政敵でさえ罪に問われないようにしたうえで斬首されます。志を説くばかりではなく、現実の社会のなかで実現する道を常に模索する。また、そのために非業の死に直面しても、将来を門弟たちに託し、一人従容として刑場に向かう。こうした松陰の生きざまは門弟たちの心を大きく揺さぶったはずです。

千万人と雖も吾往かん

 松陰の刑死後、度重なる戦火や政変で松下村塾生は次々と命を失い、離散するのですが、そのたびに再結集します。なかでも特筆すべきは、周りは幕府への恭順派ばかりという四面楚歌(そか)にあって『功山寺挙兵』を敢行した高杉晋作です。これを画期として長州では士民が一体となり、『四境戦争』と呼ばれた第2次幕長戦争に勝利をおさめるのです。

 私は、『千万人と雖(いえど)も吾往(ゆ)かん』そのものであり、長州藩を維新の推進役に導いた晋作のこの行動の原点こそ、松陰の『生きざま』-自らの全存在とその生涯をささげることによって実現した究極の教育の成果であると考えています」

 〈松陰と同様、安政の大獄の犠牲となった越前福井藩士、橋本左内。20歳そこそこながら藩有数の蘭方医であったころ、『西洋事情書』という小論文を著している。そこで左内は西洋諸国の政治・教育環境を分析し、西洋列強が国家の重要な法令や兵制の改革、工作(土木・建築・製造・工業などのこと)の振興に成功したのはまず学校での熟議を経て政府内で衆議を尽くしたからだ-としたうえで、天文や地理、算術、物理、医術、さらに法律や軍事などに関する実用的な学問を修得する学校の必要性を説いている。

 松陰もまた、晩年近くの小論文『学校を論ず』で、身分を問わず広く賢才に門が開かれた学校を振興させ、そこに工作を実地に学ぶことができる作場(実験場)を設けることで『知』と『実用』を融合させるよう訴えた。だからだろう、松陰は遺著『留魂録』で「(左内の)教学工作等の論、大いに吾が意を得たり」とまだ見ぬ親友をたたえている〉

工部大学校-明治に花咲いた松陰の悲願

 「『作場付き学校』という松陰のアイデアは、わが国だけでなく世界史的にも斬新であったと評価できると考えています。また左内が西洋諸国を範として『工作』や実用的な諸学問を教える学校開設に着目していたことは非常に興味深い一致です。松陰は幕末を代表する思想家であり蘭学者でもあった佐久間象山のもとで学び、象山に父事(父のように尊敬して師事すること)しました。蘭学という共通項が松陰と左内の学校に関する考えを結びつけた可能性があります。

 さて悲願の『作場付き学校』は明治10(1877)年、わが国初であり、学理と実地を融合させた世界でも進歩的な工学教育機関と評されている『工部大学校』として実現します。推進役は山尾庸三と松下村塾門下の伊藤博文。山尾は門下ではありませんが、松陰没後の幕末期、国内外で伊藤と行動をともにした盟友でした」

 〈工部大学校は設立から9年後、帝国大学工科大学(後の東大工学部)に併合される。その短い存続期間にもかかわらず、東京駅や日本銀行本店を設計した『日本建築界の元勲』、辰野金吾や世界で初めてアドレナリンの結晶化に成功した高峰譲吉ら屈指の人材を輩出した〉

東と西の融和が使命-世界に伝わった志

 「この工部大学校の初代都検(校長)に29歳という若さで就任したのは『日本の近代科学技術教育の父』と称された英スコットランド出身のヘンリー・ダイアーでした。彼は帰国後、日本研究に情熱を注ぎ、日露戦争さなかの1904(明治37)年秋、大著『大日本』を発表したのですが、20年ほど前に初めて邦訳が出版されました。

 そのなかで彼は、日本の使命は『東と西を融和させ、東の擁護者かつ西の先導者であることだ』などと述べています。また、日露戦争については『日本は、ただ自由を求めて戦っているだけでなく、国の存亡を賭けて戦っていると言っても過言ではあるまい。そればかりか、日本はまた自由な国際貿易と国際交流の発展を求めるヨーロッパ諸国とアメリカのためにも戦っており、東洋と西洋のいっそう緊密な結びつきを実現するためにも戦っているのである』と評価しています。

 ダイアーは帰国後、決して望んだようなキャリアを積むことはありませんでしたし、ほかの『お雇い外国人』と比べて忘れられた存在でした。でも、彼の足跡や著作にふれると、どこか松陰の面影を感じます」

(編集委員 関厚夫)

次のニュース

この記事を共有する

おすすめ情報