PR

【歴史の転換点から】大獄に死す-松陰と左内の「奇跡」(7)先覚者は孤立し、死生のふちを渡る

PR

前のニュース

「明治維新胎動の地・萩」の遠景=山口県萩市(関厚夫撮影)
「明治維新胎動の地・萩」の遠景=山口県萩市(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 吉田松陰が主宰した松下村塾同様、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成する萩反射炉跡や恵美須ヶ鼻造船所跡にほど近い場所にキャンパスを構える至誠館大学(山口県萩市椿東浦田)。昨年春、国税庁調査査察部長を経て萩市長を6期務めた経歴をもつ野村興児さん(75)が学長に就任した。野村さんについては世界遺産認定をはじめとした市長時代の功績はさておき、査察部長在任中、「金丸脱税事件」にあたって「先駆け」の役割を果たしたことは知る人ぞ知る逸話だろう。

 野村さんは現在、同大吉田松陰研究所長を兼任。また萩の近世・近現代史をテーマにした講座「地域文化」を担当しており、おりにふれて「松陰」を若い世代に伝えている。野村さんは柔和な表情で語る。

 「松陰はなぜ老中襲撃という過激な計画を企てたのか。またなぜ、幕府による取り調べの場で、聞かれもしないのに死を問われる可能性が高かったこの計画を自分の口から話しはじめたのか。その理由や歴史的背景を考えると実に深く、面白いのですが、講義ではそれを詳しく説明し、さらに掘り下げてゆく時間がないのが悩みの種です」

「2つの死罪あり」

 「僕には死に値する罪が2つある。自首しようと思うが、ほかに係累が及ぶことを恐れるため、あえて陳述を控えたい」

 そう松陰が申し立てると、取り調べの奉行は温厚な物腰で「それほどの大罪ではなかろう。述べてみよ」と勧めた。

 「奉行もまた人の心があるはずだ。欺かれたとて『可』としよう」

 そう考えた松陰はまず、尊王攘夷派公卿の大原重徳(しげとみ)を萩に招き、長州藩主、毛利敬親と会談させようと手紙を書いた-と明かす。

 「そうこうしているうちにたまたま、京都にいる間部侯が朝廷を撹乱(かくらん)していると聞き、同志とともに上京し、間部侯を詰問しようと考えた。この2つの件はいずれも実現はせず、僕は萩の野山獄に投獄された」

吉田松陰について語る至誠館大学の野村興児学長=山口県萩市椿東浦田の至誠館大学・学長室(関厚夫撮影)
吉田松陰について語る至誠館大学の野村興児学長=山口県萩市椿東浦田の至誠館大学・学長室(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 松陰がそう「自首」したところで取り調べはいったん中断した。再開後、奉行の態度は一変する。

 「お前は間部侯を詰問しようとしたというが、聞き入られなければ斬るつもりだったのか」

 「そこまでは考えておらぬ」

 「お前は真に国のためを思ったのだろうが大官の間部侯を斬ろうとした。大胆も甚だしい。覚悟しろ!」

松陰のうそ

 安政6(1859)年7月9日(旧暦)、評定所での最初の取り調べにおけるそんなやり取りの後、伝馬町牢屋敷に収容された-。獄中の松陰はまな弟子の高杉晋作に手紙でそう伝えている。問答に何度も登場する「間部侯」とはときの老中、間部詮勝(あきかつ、越前鯖江藩主)である。

 実は松陰は遺著『留魂録』では取り調べ奉行の「誘導」についてはふれず、「大原卿や間部侯についての件は幕府も知っていると思ったため、(自ら)明白に申し立てる方がよいと考えた」とつづっている。晋作への手紙との相違をどう解釈するかは確かに難しいところだが、別にもう一つ、気になる点がある。松陰は「間部侯を斬ることまでは考えていなかった」という。が、この言葉はうそである。

 松陰は前年の安政5年晩秋、「反『安政の大獄』の先駆け」として、「間部を討ち果たす」という計画を立て、長州藩高官の前田孫右衛門に速射砲や弾薬の分与を願い出ていた。また、『留魂録』では前述の記載に続けて「計画について話しはじめたところ、幕府はまったく知らないようすだったため、(中略)鯖江要撃(間部老中襲撃)を要諫(直訴・諫止)と言い換えた」と正直に記している。

 ただ、この一件をもって松陰を「テロリスト」とみなすならば、それは幕末史や志士の心情を考慮しない拙論であろう。

全国の志士や藩士が井伊討滅を考えた

 「友人の赤川淡水(おうみ)が言うには『尾張・水戸・越前福井・薩摩の4藩が力を合わせて彦根藩主の大老、井伊直弼(なおすけ)を討ち取る計画がある』という。わが兄の杉梅太郎が前田孫右衛門から聞いた(※)話によると、薩摩が井伊を討ち、福井藩は兵を京都に送って警備にあたるという」

 安政5年11月上旬、松陰は書簡(あて先不明)にそう記している。

 当時、井伊と間部が主導する「安政の大獄」による摘発の波が全国を席巻しつつあった。9月以降、水戸藩高官や薩摩藩士、公家関係者、在野の志士たちが次々と逮捕されていた。前福井藩主、松平春嶽の側近だった橋本左内に対する取り調べが始まるとともに、彼が江戸藩邸に幽囚されるのは10月23日。西郷隆盛が故郷の鹿児島で、ともに京都を脱出した勤王僧の月照と入水するのは11月16日のことだ。

 こうした幕府側の弾圧に対する志士たちの抵抗が「井伊討滅計画」だった。実際、「幕府に恭順」とみられていた福井藩内でさえ「鯖江城(間部詮勝の居城)を落し、彦根城(井伊直弼の居城)を焼いて京都を守衛する」という秘密計画があることを藩高官が左内に送った書簡のなかで明かしている。

 だが、安政の大獄による幕府の圧力は甚大だった。薩摩藩で「井伊討滅計画」の中心にあった有馬新七(4年後の寺田屋騒動で斬死)は紀行文の『都日記』で、別途計画していた間部に対する単独の襲撃計画が未遂に終わったことにふれつつ、「今の時勢は有志の国々といえども、大概は日和見を決め込んでいる。とにかく大義を唱えて先駆けする者がなければみな手をこまねいているばかりである」(12月15日付)と危機感をあらわにしている。

松陰、「泣血再拝」して義死を願う

 事態は袋小路の様相を見せていた。思い詰めた松陰が計画にするに至ったのが、血盟を交わした同志17人とともに間部を襲撃することだった。

 「間部の首を取って槍の先に掲げ、藩主・毛利敬親公の勤王への誠心と武門・毛利家の声名を知らしめるとともに、天下の士民の公憤を発する旗を掲げて京都に向かう先駆けとなるつもりです。かくのごとくして死んだならば、死もなお生のごとくありましょう」

 安政5年11月6日、松陰は父の杉百合之助や兄の梅太郎、叔父の玉木文之進にあてた「遺書」で「泣血再拝」しながら心のうちを明かしている。

 先覚者であるゆえに松陰は名誉の忠死や義死への思いにかられていた、といえるだろう。だが、そんな松陰は最も親しい門弟の目にさえ奇異に映っていた。「松下村塾四天王」の一人、入江九一はやはり「四天王」に数えられていた吉田稔麿(としまろ、通称・栄太郎)に次のような急報を送っている。

 「栄太、早々に江戸から帰れ。萩では松陰先生のお守りに困る人ばかりなり」

生と死のはざまで

 安政5年末、萩・野山獄に投ぜられて以降、松陰の心境に変化が現れる。6年2月にはまだ「不朽、名を成せば命捐(す)てるに堪える」と漢詩に詠っていたが、4月に入ると、「丈夫(ますらお)は身なきを患う/命を惜しむも君とがめることかれ」(入江の弟、野村和作に寄せた漢詩)と記し、「自然ときめた。死を求めもせず、死を辞しもせず」(入江への手紙)と考えるようになる。

 安政の大獄に巻き込まれ、江戸・伝馬町牢屋敷への移送が松陰に通知されるのは翌5月下旬のことである。左内がわずか数日のうちに死を覚悟しなければならなかったのに対し、松陰は嘉永4(1851)年末、藩主を見限り、死罪さえ適用される重罪である脱藩を敢行して以来、死と隣り合わせの生を営んできたといえるだろう。

 その松陰の死生が後世に与えた影響を次回、野村さんとともに考えてみたい。

(編集委員 関厚夫)

 ※ こうした経緯から間部襲撃計画にあたって松陰は前田に速射砲や弾丸の分与を申し出たのだろう

次のニュース

この記事を共有する

おすすめ情報