PR

【歴史の転換点から】大獄に死す-松陰と左内の「奇跡」(5)わが英雄はワシントン、ナポレオンそして楠公

PR

前のニュース

幕末きっての名君、松平春嶽像=福井市宝永(関厚夫撮影)
幕末きっての名君、松平春嶽像=福井市宝永(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「いまの武士は勇気なく義に薄く、謀略に欠けている。(中略)もし腰の両刀を奪い取ってしまったなら、その心のありよう、理解・洞察力などすべてにおいて町人や農民に優るすべはない。農民は平生、精を出して働き、町人は常に自分の仕事や世渡りに心を砕いているため、手柄功名はかえって町人や農民が立て、福島正則(※1)や片桐且元(※2)、井伊直政(※3)、本多忠勝(※4)といった者はいまや武士のなかからは現れまい。誠に嘆かわしい」

恐るべき15歳

 嘉永元(1848)年、数えで15歳(満14歳)の橋本左内が書き上げた『啓発録』の一文である。「稚心を去る」「振気」「立志」「勉学」「交友を択(えら)ぶ」の5章からなる同書は左内が残した最も有名な著作となった。ここで彼が英雄として挙げた顔ぶれも興味深いが、やはり特筆すべきは左内が「士」の衰退と「農工商」の興隆という時代の潮流を看破していたことだろう。

 草莽ということばがある。「草むら」から転じて「民間」「在野」を意味するようになり、わが国では18世紀後半以降、幕藩体制下の官僚支配の外にありながら「危機に際してそのたて直しに励む」(日本大百科全書)有志というニュアンスが付加された。

 左内もかつては草莽にあった。嘉永2年、蘭学の名門・適塾で学ぶため、故郷の福井を後にして大坂に向かうさい、左内が知人から贈られた漢詩には「豪傑は草莽中に伏在する」とある。彼は衆目の一致する「草莽中の豪傑候補」だった。

 しかしながら、左内研究の第一人者の山口宗之氏は著書『橋本左内』(人物叢書)で、「武士階層制の下級の出自でありながら彼には在野精神というべきものが全くなく、(中略)幕政の真の批判者たることが不可能」であったと断じている。その原因は、後に左内が賢侯の誉れ高い第16代越前福井藩主、松平春嶽(慶永)に側近と見込まれたことにある。

橋本左内著の主『啓発録』記念碑=福井市大宮の福井県護国神社(関厚夫撮影)
橋本左内著の主『啓発録』記念碑=福井市大宮の福井県護国神社(関厚夫撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

「ホッチョケ」と「ウテ」

 「幕末維新」がすでに歴史となっている現代からすると意外の観があるのだが、まだ「幕末前期」のころ、長州藩はさほど期待されていなかった。たとえば橋本左内をはじめ、福井藩の高官や中枢の人物が天下の情勢を分析したり、はかりごとを立てたりするさいに注目するのは薩摩や水戸、宇和島、土佐、肥前の各藩の動静である。いずれも福井藩と同様、「賢侯」と評判の高い藩主をいただくトップダウン型である。

 ボトムアップ型の藩政をしいた長州藩主、毛利敬親は当時の「賢侯」のカテゴリーには入っていなかった。かててくわえて長州藩は250年前の関ケ原の戦いで領地が約3分の1の37万石弱(表高)に減封された「負け組」だった。

 安政5年早春のころ、五摂家の一つ、鷹司家の侍講(学問係)の三国大学(幽眠)は「諸国蛙声(かえるのこえ)」という戯れ書きのなかで、欧米人に対する各藩の態度をカエルの声をまねて風刺している。このなかで薩摩ではカエルは「ホッチョケ(放っておけ)ホッチョケ」と鳴き、武蔵国では「コハ(怖い)コハ」。3つの国で「ウテ(討て)ウテ」と鳴くカエルがいる。その一つが長州なのだが、順番としては肥前(佐賀)と肥後(熊本)の後塵(こうじん)を拝していた。

志士・左内の限界

 「幕末四賢侯」にも数えられた松平春嶽は、左内だけでなく、坂本龍馬や勝海舟、由利公正らの才能を見抜いた希代の名君だった。しかし、もとはといえば徳川将軍家を継ぐことも可能な御三卿の一つ、田安家3代、斉匡(なりまさ)の8男に生まれ、11代将軍の家斉は伯父、12代将軍の家慶はいとこにあたる。このため、「幕末末期」は別として、左内在世中の春嶽は「改革派の旗手」とはいえ、念頭にあったのは「幕府ファースト」だった。

 左内は終生、福井藩士であり、彼を側近に取り立てた春嶽を敬愛し続けた。それゆえ彼は、自らを草莽の一人として数えたり、主君・春嶽の思考や指示から逸脱したりするような環境にはなかったといえる。また短くはあったがその生涯、逸脱しようとも思わなかったにちがいない。

 その左内と非常な対照をなすのが吉田松陰である。

逆炎立つ

 「いまの逆炎はだれがここまで燃えさからせたか。この私ではないのか。この私がいなければこの逆炎は千年たっても現れず、私さえいればこの逆炎はいつでも出現する」

 安政6(1859)年正月11日(旧暦)、萩・野山獄中の松陰は門弟にあてたとみられる手紙でそう豪語している。この場合の「逆炎」とは、尊王攘夷実現への燃えるような情熱のことであろう。

 松陰はまた、ある意見書のなかで「慶長年間の関ケ原の一戦で毛利家のご武運が一変した。いま、勤王に尽くさずご武運をさらに悪化させてしまえば後世に申し訳が立たない」と訴えている。彼は「関ケ原の雪冤」をも逆炎にくべようとしていた。

 ボトムアップ型の長州藩にあってはだれかがピラミッドの下層から上層を揺り動かすうねりをつくらねばならなかった。「その人」が松陰だった。そして試行錯誤の末、彼は「草莽崛起(くっき)」という結論に至る。

 「義卿(松陰のあざな、ここでは自称)、義を知る。時を待つ人にあらず。草莽崛起。どうして他人の力を借りることがあろうか。おそれながら天朝も幕府、わが藩もいらぬ。ただこの痩身(そうしん)一つが必要」

草莽崛起-先人・楠公やワシントンに続け

 第3回に続いての引用となるが、さきの書簡から3カ月後、松陰が門弟の野村和作にあてた手紙の一文である。こう説く松陰の頭の中には先人がいた。別の書中で「草莽崛起の英雄」になぞらえた米国の初代大統領、ワシントンと明の太祖(朱元璋)、そして松陰の著作に度々登場する楠木正成。いずれも在野の名もなき家に生まれながら、大業をなしとげた人物である。

 「ナポレオンをわが日本に生まれさせてフレーヘード(自由)を唱えさせなければ腹悶癒やしがたし」

 これも安政6年の春に書かれた松陰の手紙の一文である。「フレーヘード」。彼ほど時代のくびきから自由であろうとし、行動の自由を求めた人はいないのではないか。嘉永4(1851)年、数えで22歳のとき、藩の兵学師範という地位を打ち捨て、藩主を見限ることから「死」さえ招きかねない脱藩を敢行し、3年後には最高刑は死罪となる国禁を犯して海外渡航を試み、失敗する。

 そんな松陰が、力づくで封建体制の延命と固定化を図ろうとする安政の大獄に反発し、草莽崛起論に到達したのは自然だった。だが、ここで考えなければならないのは、松陰が意味しているのは野放図な「自由」ではないことである。

松陰が求めた「自由」

 「ナポレオンを-」の一文は、このままでは日本の独立を保つことができないのではないか-と憂慮する文脈から生まれている。「究極の目的は米露英仏各国を説破し、皇威を万国にとどろかせ、国の永遠の基(もとい)を築くことなのです」。安政6年2月、松陰は尊攘派の公卿、大原重徳(しげとみ)にあてた書簡をそう結んでいる。

 いずれの文意も彼の遺著である『留魂録』に照応する。つまり松陰は、日本の独立を維持し、諸外国と対等な関係を結ぶために「草莽の英雄」が必要なのであり、それを実現するための「自由」を求めているのだ。彼と左内との決定的なちがいが、ここにある。

(編集委員 関厚夫)

 ※1 豊臣秀吉が柴田勝家を破った「賤ヶ岳の戦い」における「七本槍」の筆頭。猛将として知られ、関ヶ原の戦いでは東軍圧勝の立役者の一人

 ※2 「七本槍」の一人。豊臣家の老臣ながら「大坂冬の陣」の直前、徳川家康に加担した

 ※3 家康覇業の功臣。「赤鬼」の異名を持つ彦根藩の祖

 ※4 井伊直政同様、「徳川四天王」の一人。敵からも「家康に過ぎたる家臣」と評された

次のニュース

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報