PR

上野女流棋聖、竜星戦優勝ならず 「間違えちゃいました」

PR

囲碁の第28期竜星戦決勝で一力遼竜星との対局に臨む上野愛咲美女流棋聖=23日午後、東京都千代田区の日本棋院(宮崎瑞穂撮影)
囲碁の第28期竜星戦決勝で一力遼竜星との対局に臨む上野愛咲美女流棋聖=23日午後、東京都千代田区の日本棋院(宮崎瑞穂撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 囲碁の第28期竜星戦決勝が23日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、一力遼竜星(22)が上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(17)に白番中押し勝ちし連覇、通算3期目の竜星位を獲得した。上野女流棋聖は、全棋士が参加できる一般棋戦で女流棋士初の4強入りを果たすなど快進撃を続けてきたが、優勝はならなかった。

 タイトル獲得が9期になった一力竜星は「投了寸前までいったので、勝てたのは運が良かった」と安堵(あんど)した様子。一方、敗れた上野女流棋聖は「ここまでこれたのが、だいぶ奇跡のよう」と話しながら「(終盤に)間違えちゃいました」と苦笑いした。

 プロ4年目の上野女流棋聖は今期の竜星戦で16人による決勝トーナメントに進出すると、1回戦でタイトル獲得15期の高尾紳路九段(42)を、2回戦では七大タイトル保持者の村川大介十段(28)を撃破。さらに14日の準決勝では、10月開幕の天元戦五番勝負への挑戦を決めている許家元(きょ・かげん)八段(21)に勝利するなど、並み居る強豪を倒してきた。

 10月開幕の女流本因坊戦五番勝負で対局する、女流四冠の藤沢里菜女流名人(21)は「プロになる前から強かったが、“ハンマーを振り回すような”と言われる戦う棋風にバランスも加わり、今期の竜星戦は上野さんらしさが出ていた」と分析。「女流棋士でも一般棋戦の壁を破ってくれた。刺激になる」と後輩の活躍をたたえた。

 上野女流棋聖は平成13年、東京都出身。28年にプロになると、30年の第21期女流棋聖戦三番勝負で謝依旻女流棋聖(当時)を破り、16歳3カ月で女流棋聖を獲得。今年1月には藤沢女流名人を破り初防衛を果たしている。

この記事を共有する

おすすめ情報