PR

令和初の終戦の日 全国戦没者追悼式始まる 遺族ら7千人参列

PR

黙祷される天皇、皇后両陛下=15日、東京都千代田区の日本武道館(松本健吾撮影)
黙祷される天皇、皇后両陛下=15日、東京都千代田区の日本武道館(松本健吾撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 74回目の終戦の日を迎えた15日、令和で初めてとなる政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)が始まった。天皇、皇后両陛下のご臨席のもと、安倍晋三首相や全国各地の遺族ら計約7千人(付き添い含む)が参列。先の大戦で犠牲となった軍人・軍属約230万人、一般国民約80万人の計約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。

 式典では、安倍首相の式辞の後、参列者らが起立し、正午の時報を合図に1分間の黙祷(もくとう)。今年5月に即位した天皇陛下と、皇后さまはいずれも戦後生まれで、初めての式典ご臨席となる。

 陸軍伍長だった父が太平洋の東部ニューギニア(現パプアニューギニア)で戦死した森本浩吉さん(77)=横浜市=が遺族代表として出席し、追悼の辞を読み上げる。

 厚生労働省によると、今年の参列予定遺族は4歳から97歳までの5391人。このうち宮崎県の遺族団55人は、台風10号の影響で参列を取りやめた。

 参列遺族の代替わりは一層進み、戦没者の配偶者は5人で、過去最少となる見込みの一方、戦没者の子が2751人で全体のほぼ半数を占め、孫が451人、ひ孫が140人となっている。

 年齢別で見ると、戦後生まれが昨年より96人多い1650人の予定で、初めて全体の3割を超えた。戦争の記憶を次世代に継承することを目的に4年前から、ひ孫、玄孫(やしゃご)世代にあたる18歳未満の青少年代表の献花を実施。18歳未満の参列予定者は112人で、全体の2・1%だった。

この記事を共有する

おすすめ情報