PR

【近ごろ都に流行るもの】「LGBT就職支援」 交流カフェや専門サイト 寄り添う支援活発化

PR

さまざまな体験や思いが語られた交流会「LGBT お仕事カフェ」=東京都板橋区(一部画像処理をしています)
さまざまな体験や思いが語られた交流会「LGBT お仕事カフェ」=東京都板橋区(一部画像処理をしています)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「おネエ系タレント」が人気を博し、与野党が支援政策を打ち出すなど、性的少数者「LGBT」への理解が急速に広がりつつあるが、自分らしく生きるために必要なカミングアウトの壁はいまだ高い。職場の同僚にカミングアウトすることに「抵抗がある」LGBT当事者は50・7%(電通ダイバーシティ・ラボの昨年調査)。今回は、就職活動や職場で苦労しがちなLGBTが集まるカフェに参加。本音を探るとともに、非当事者の寄り添い方についても考えてみたい。(重松明子)

 「LGBT歓迎だって求人に書いてあったのに。配属先で『自分はゲイです』と自己紹介したら、上司となる人が『何でそんな発言をするんだ』って怒ったんです。LGBTへの求人は、人手不足の数合わせなのだと腹がたった。4カ月は我慢して…」

 バッグに猫のチャームを付けたフェミニンな男性(30)が、ある通信系企業に入社した際の屈辱を打ち明けた。男性は、そこまで話すと「いやぁ!」と両手で顔をおおった。「もぉ、恥ずかしいくらいに転職を繰り返してる!」

 7月に東京都板橋区で行われた交流会「LGBTお仕事カフェ」に参加したときのこと。心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」や同性愛者、恋愛感情のない「ノンセクシャル」を自認する人など、9人が集まっていた。

 司会の北川わかとさん(32)は「僕は昔、ボーイッシュな女の子。和香でした」。自らが乗り越えた体験を織り交ぜながら進行してゆく。幼稚園の制服のスカートが嫌だと泣いたことに始まり、22歳で女性に恋をしたことがきっかけで、男になりたいと確信した。最初に打ち明けた姉は、「両親が悲しむから絶対に言わないで」と号泣して猛反発したが、母は「そうじゃないかと思ってた」と話したという。

 ホルモン治療を始めると、体つきや声が男性的になり、周囲も覚悟を認めた。26歳のときに性別適合手術を受けて戸籍も男性となり、介護職を主にしたLGBT就職支援「レインボーワーカープロジェクト」を展開する笑美面(本社・大阪市)に入社した。

 現在はキャリアアドバイザーとして相談に乗り、大阪と東京で毎月交流会を開いている。8月は大阪で9日、東京で17日に開催。参加費は無料だ。「履歴書の性別や面接時の服装を男女どちらにしたら良いかなど、特有の悩みを話し合える場にしたい」

 全国6万人を対象にした電通ダイバーシティ・ラボの調査によると、LGBTとQ(クエスチョニング=自らの性自認や性的指向がわからない)の該当者は8・9%にのぼった。11人に1人という高い割合は、友人、知人…どこにでもいる人たちだということだ。そこにカミングアウトの壁が見えてくる。

 スカートをはき、ウィッグに化粧をしてカフェに参加していた40代のトランスジェンダー(外科手術はしていない)は、普段は男性の服を着ているという。「毎日、男でいることが苦痛です。女性として生きたいけれど、誰にもいえない。田舎の親や親戚に知られたら勘当されます」

 LGBT専門の就職支援企業「JobRainbow(ジョブレインボー)」(東京都渋谷区)は、ゲイの星賢人社長(25)が東大大学院在学中の3年前に起業した。求人サイトを運営し、独自の評価指標で「LGBTフレンドリー企業」を選定。求人は100社を超え、閲覧者は月間約40万人にのぼるという。

 「当初はハイキャリア人材を求める外資系の大企業が多かったが、徐々に地方の街工場やレストランなどの中小企業も増えて、業種も多岐に渡っている。その結果、LGBTを理由に就活に挫折してしまった人などの受け皿が広がってきた」と星さん。

 自己肯定感が低く、受け身の求職者が多いため、応募だけでなく企業側からの「スカウト」機能も備えている。サイトに求人を出すには、同社のLGBT研修を受けることが条件。だが、面接を受けた利用者から実態の違いを指摘され、やむなく求人情報を外した会社もあった。

 「人事担当や管理職の理解だけでなく、会社全体で意識を共有しほしい」と星さん。そのうえで、「何かトラブルが起きてしまった場合、解決のために真摯(しんし)に動いてくれる姿勢が大切。セクハラやパワハラと同じで、そういう積み重ねから理解が根付いていくのだと思います」

 意外にも、サイトを利用する求職者の1割が「多様性のある職場で働きたい」という非当事者だ。理解者は確実に増えている。

 前出の交流会にも、筆者の他に2人の非当事者が参加していた。ジェンダーを学ぶ女子大生。「ノンケ」と称する年配男性は、「人の痛みが分かる、個性的で優秀な人が多いのに活用できないのは社会の損失。受け入れの仕組みが日本は遅れとるよ」と語った。

 カミングアウトをしない選択も尊重しなければならない。しかし、したくてもできない状態は、仮面を付け、人格の根幹を揺るがす秘密を抱え続けて生きること。その苦悩を想像することが、寄り添いの第一歩だと感じている。

この記事を共有する

おすすめ情報