PR

G20で学校休校、大阪脱出、ディズニー組も

PR

G20サミットを前に、閑散としたJR大阪駅前=27日午前10時18分
G20サミットを前に、閑散としたJR大阪駅前=27日午前10時18分
その他の写真を見る(1/2枚)

 20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)では大規模な交通規制の影響で車両が生活道路に進入することが予想され、通学の安全が確保できないとして、大阪府内では27、28日、広範囲の小中高校や幼稚園で休校となった。やむなく仕事を休む保護者もいる中、平日の連休を好機と捉え、東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)に向かう“大阪脱出組”もいた。

 大阪市内で夫婦で美容室を営む女性(38)はこの日、夫に店を託して娘2人とともに東京ディズニーリゾートへ。「こんな機会でもないと、なかなか行けない」と平日の2連休を歓迎する。大阪市内で小学校教師として働く30代の女性も、休暇を取得して小学生の長女と東京に向かう。「普段会えない親類を訪ねたり、東京ディズニーリゾートにも行きたい」

 一方、大阪市内の女性医療関係者(43)は、小学生の子供2人を連れて近くの公園へ。夫は奈良観光を提案したが、女性は「多くの人が集まる観光地は、テロが心配」と反対した。

 同市天王寺区で小学2年の長女を育てる40代の大学職員の女性は、学習塾の体験入会を申し込んだ。「土日は別の習い事で忙しく、普段できないことをしたい」。一方、医療事務の女性(29)は休暇が取れず、小学3年の長女を近くの実家へ預けて出勤。「交通規制で薬の入荷ができないなど、業務に支障がありそう」と心配していた。

この記事を共有する

おすすめ情報