PR

川崎市の人口が6位に 政令市で神戸抜き、次は福岡

PR

川崎市のマンション群
川崎市のマンション群

 川崎市では5月1日現在の市の人口が初めて神戸市を抜き、全国20政令市中6位に浮上した。両市の人口は、川崎市が前月比4389人増の152万6630人で、神戸市は同2114人増の152万4749人。ともに前月よりも増えたが、川崎市の伸びが神戸市を上回り、順位が入れ替わった。川崎市が政令市の人口順位を上げたのは平成27年4月に京都市を抜いて7位に浮上して以来という。

 川崎市によると、同市が政令市になった昭和47年4月1日の市の人口は約98万人で、神戸市は約131万人。その後、両市ともに右肩上がりで増え続けてきたが、川崎市の増加率が神戸市を上回っていたことから、政令市移行から47年1カ月で神戸市の人口を抜くこととなった。5月1日現在の差は1881人。

■武蔵小杉などが牽引

 市の人口が6位に浮上したことについて、川崎市の福田紀彦市長は「まちに活気があることを示しており、市民の皆さんと喜びを分かちあいたい。市民が安心して暮らせる持続可能なまちを築いていく」とのコメントを寄せた。

 市によると、市の人口は大正13年の市制移行時に約5万人。高度経済成長期に京浜工業地帯の中核として発展したまちとともに、市の人口は急激に増加し、昭和48年には100万人を突破した。バブル景気を経た平成元年前後には、年間に1万5000人以上増えた時期もあったという。

 さらに、20年前後からは武蔵小杉駅(中原区)や新百合ケ丘駅(麻生区)周辺で再開発が進み、マンションの建設ラッシュなどによって人口増加に拍車がかかり、29年には150万人を突破した。

 月当たりの最大増加数は、バブル期の昭和62年5月の1万335人。平成以降は、3年5月の9652人だという。

■順位は今後どうなる

 平成2年の国勢調査結果と30年10月1日現在の推計人口を比較すると、川崎市の人口増加率は29・22%で、全国20の政令市中、最も高い伸び率を示している。一方、全国の政令市人口の上位5位は、横浜市(374万1317人)▽大阪市(272万8981人)▽名古屋市(231万7646人)▽札幌市(196万5161人)▽福岡市(158万2695人)-の順(いずれも4月1日現在で、ランキング表の数字の中には5月1日現在もあり、一致はしない)だ。

 政令市のうち県庁所在地ではない自治体は、川崎市に加えて相模原市、北九州市、堺市、浜松市の5市があるが、このなかで川崎市の人口は圧倒的に多い。また、川崎市は「将来推計人口」で令和12(2030)年まで人口が増え、158万6900人程度がピークと予測。一方で福岡市は17(2035)年まで増え、12年時点では160万4000人と予測している。

 今回6位に浮上した川崎市と、現在5位の福岡市との人口差は約6万人だが、両市ともに今後も増え続けると予測しているため、川崎市がさらに順位を上げるかは未知数だ。

 川崎市統計情報課の担当者は「統計上の数値では、抜くことはできないかもしれませんが、それでも10年以上先の話。マンション1棟の建設でも人口は大きく変動する。(順位を伸ばせるかは)まだ分かりません」と話している。

【川崎市の人口】

 男性77万2615人、女性75万4015人の計152万6630人(5月1日現在)。全7区のうち最多が「武蔵小杉エリア」がある中原区の約26万1004人。最少は幸区の約16万9083人。全市の世帯数は73万7946世帯。5月1日時点で全国の20政令市の人口順位が、神戸市を抜き6位に浮上した。市は令和12(2030)年まで人口増が続くと試算している。

この記事を共有する

おすすめ情報